音楽プロデューサー・中脇雅裕の【80’sを聴け!!!】
Vol.1 – Yes: Owner Of A Lonely Heart / イエス: ロンリーハート

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email

このコーナーでは、私が青春真っ只中!80’sの素晴らしい音楽を皆さんに紹介していきます。
80’sの音楽と言えば、日本でも洋楽がかなり幅を利かせていました。ロックやポップはもちろん、ダンスミュージック、ラップなど、80’sに登場したアーティスト、音楽はその後の世代に大きく影響を与えています。

第1回目に紹介する曲は、Yesの 『Owner Of A Lonely Heart』(イエス: ロンリーハート)。
Yesと言えば、70年代に『壊れ物』『危機』などの名盤を作り上げたプログレッシブ・ロックの王様です。このYesがしばらく休止状態になり、1983年久々にリリースしたのが『Lonely Heart』というアルバム。このアルバムの1曲目にあたる『Owner Of A Lonely Heart』が、結果的にYesというバンドの最大のヒット曲になりました。

このアルバム発表時のメンバーは、Vo.ジョン・アンダーソン、Ba.クリス・スクワイア、Gt.は超テク変態ギタリスト(いい意味でね)のスティーブ・ハウからトレヴァー・ラビンに。Dr.アラン・ホワイト、Key.トニー・ケイの5人。そして、プロデュースはトレヴァー・ホーン。
トレヴァー・ホーンは『ラジオ・スターの悲劇』のヒットで知られるバグルスやこのアルバムの前、Yesにヴォーカリストとして参加していました。そしてこの後、自身のユニットArt Of NoiseやSealをプロデュース。そして2000年代にはロシアの女性ユニットt.A.T.u.を成功させるなど超大物プロデューサーと成長していきます。

ともかく、この『Owner Of A Lonely Heart』の成功にトレヴァー・ホーンの功績が大きいのは確か。
その功績とは、まず、この曲のサウンドの大きな特徴となっているサンプラー(サンプリングマシン)の多用です。今ではDAWのプラグインなどによって手軽に使える様になったサンプラー。サンプラーとは、簡単に言えば生楽器の音でも自然の音でも声でもなんでも取り込んで音階に出来る楽器です。
トレヴァー・ホーンは当時、最新の機材だったフェアライトCMIというオーストラリア製のサンプラーを効果的に使って聴いた事のないようなサウンドを作り上げました。例えば最初のドラムフィル。そして間奏に出て来るオーケストラヒット!誰もがそのサウンドの斬新さに度肝を抜かれました。
私もこの音をどうしても使いたくて、当時なけなしのお金を払ってAKAIのサンプラーを買いました。(当時は持っているだけで仕事が来るぐらい貴重な楽器でした。余談ですが当時、鶏の「コケッコッコー」をサンプリングして音楽を作るという仕事が入ってそれでサンプラーの元は取れました(笑)。

話は変わりますが、その頃は今の様にYouTubeはもちろんネット環境は無いも同然。そんな時代、小林克也さんがナビゲートするテレビ番組『ベストヒットUSA』は音楽ファンの大きな音楽情報ソースでした。この番組の話はまた追って詳しくするとして、この番組でこのロンリーハートのMVをはじめて観た時の衝撃は凄まじいものでした。
「かっこ良すぎてやばい――!!!」
当時はお金もないのでレコード(もちろんアナログ)は買えないので、一番安く音源を手に入れる方法はエアチェック。当時FM番組表が1週間毎に出ていたので、事前にお目当ての曲がいつどの局でオンエアされるか大体分かりました。そしてその時を待ち構えてエアチェック。つまりラジオからカセットに録音していました。

さて、この曲はリバーブの使い方も画期的。ギターのリフやドラムなどがやたらタイトに聴こえませんか?勿論、演奏が上手いのは当然。またサンプリングの使い方もあるのですが、もう一つの秘密はゲートリバーブというエフェクト。リバーブを、「残響を作る」為のモノでなく、「隙間(無音)を作る」為に使ったギミックともいえる手法!

しかし、サンプリングにしてもゲートリバーブにしてもセンスが良くないとこうはなりません。
久々にこのMVを観ましたが、34年前の曲とは思えない仕上がりで本当に凄いクリエイティブだなと改めて思いました。

80年代初頭、ロックやポップがデジタルのテクノロジーを音楽制作に使いはじめ、どんどん洗練されていく時代の代表的な曲です。

PROFILE

nakawaki_Asha

中脇雅裕

音楽プロデューサー・メンタルコーチ・著述家
大学在学中より、多くのTV・ラジオのCM音楽を制作。卒業後はレコーディングディレクターとして数々のアーティストの音楽制作を手がける。今までに制作に携わったアーティストは中田ヤスタカ,CAPSULE,Perfume,きゃりーぱみゅぱみゅ,三戸なつめ,近藤夏子,Jungle Smile,手嶌葵,古澤巌,中村幸代などジャンルを問わず多岐に渡る。
その他に、映画、CM、各種イベントなどの音楽制作はもとより、イベントプランニング、執筆活動、講演、ラジオDJなどその活動は幅広い。

WEB:http://nakawaki.com/
Twitter:https://twitter.com/nakawaki63

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved