CONTENT

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.3】×奈部川光義(ATATA)[前編] パンクから形成された「音楽観」と「仕事観」

Share
Tweet
Share
Email
タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.3】×奈部川光義(ATATA)[前編] パンクから形成された「音楽観」と「仕事観」

左:奈部川光義(ATATA) 右:タイラダイスケ(FREE THROW)

 

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。
第三回目となる今回はATATAのボーカル奈部川光義さんに話を聞いた。

奈部川さんが所属するATATAは音源のフリー配信や、昼間開催のフリーライブでツアーを周るなど、今までのロックバンドがなかなか踏み出せなかった活動を意欲的に展開している。
そして、色々なメディアで既出ではあるのでご存知の方も多いかと思うのだけれど、メンバー全員がサラリーマン。普段の仕事を勤めながらそのバンド活動は行われている。
ATATAの、奈部川さんの「生活と音楽」にはとても魅力的な「思想と方法論」が存在した。

Interview & Text:タイラダイスケ(FREE THROW)Photo:おみそ

<ATATA / Rise and Falling>


 

「もうバンドはこりごり」から「ガンガン行こう」への変化

タイラダイスケ(以下タイラ):今日はよろしくお願いします!もしかしたら奈部川さんのことをこの記事で初めて知る方もいらっしゃると思うんで、今やっているATATA含め、奈部川さんが今までどんなバンド人生を歩んできたのかをお伺いしてもいいですか?

奈部川光義(以下奈部川):俺は横浜生まれの横浜育ちで、16歳からずっとバンドをやり続けていて。人目にあたるというか、みんなに知ってもらえるようになったのが20代の時のOatmealっていうバンド。それがちょうどメロコアブームの先駆けの頃かな。それを経過してBANDWAGONっていうバンドを20代半ばから30歳過ぎまでやっていて、で、そのバンドが動けなくなって。その後3年間ブランクがあって、今のバンドのATATAに誘われて。

タイラ:ATATAには誘われて加入したんですね。

奈部川:そうそう。ATATAはもう最初に楽器は全パート揃っていて、で「ボーカルがいない」って俺のとこに連絡がきたっていう。

タイラ:ボーカルを最後に決めるっていうのは結構珍しいですね。俺が奈部川さんのことを知ったのはBANDWAGONでThe Clashの「Rock The Casbah」のカバーをやってたミニアルバム「New Machine Extended Play!!!」です。

<BANDWAGON / Rock The Casbah>

奈部川:古いね。あれも相当前だもん。

タイラ:昔FREE THROWで名古屋とか行ったときに竹内電気のメンバーにDJやってもらうといつもあの曲かけてましたよ。

奈部川:えーそうなんだ?

タイラ:大好きなカバーでしたし、俺もThe Clash大好きなんで個人的にめちゃくちゃ盛り上がってました(笑)。ATATAはもう何年目でしたっけ?

奈部川:ATATAはね、えっと2010年の5月に結成したから…7年経ったね。

タイラ:今までのキャリアの中でATATAが一番長いバンドになってるってことですよね?

奈部川:そうそう。実はもう一番長くなってるんだよね。(ATATAが)集まるときに考えたのは、多分音楽はずっと死ぬまでやるんだろうけど、体力的にも精神的にも、その両方のパワーを使ってちゃんと精力的にやるバンドはATATAが最後なのかなって。

タイラ:そうなんですね。ATATAを始めた時は何歳ですか?

奈部川:35歳だった。

奈部川光義(ATATA)
奈部川光義(ATATA)

 

タイラ:俺が今36歳なんで、なにか新しいことを35歳でやるのってすごくパワーがいることだなっていうのは想像できます。でも「音楽は死ぬまでやる」っていうのは決めていたんですよね?

奈部川:そう。ちょうどATATAに入る前の3年間、まったく空白のブランクがあって。そこで色々考えてて試行錯誤して、音楽は一人でやろうと思ってたんだよね。ラッパーになろうかなって思ったりして。でもたまたまATATAに誘われて、まぁやってみるかってやったら意外とハマった、みたいな感じかな。

タイラ:ちょっと意地悪な質問なんですけど、3年の間に音楽とかバンドをもうやりたくないなぁ、とか思ったことはないんですか?

奈部川:まぁ…もうバンドはこりごりだと思ったよ(笑)。

タイラ:そうなんですね。

奈部川:一人のほうが楽だし。で、その頃ちょうどDTMのソフトとかも一般的になってきて、自分で初心者なりに簡単なことだったら出来るようになってたから、もう一人で出来るべっていう。それにその当時、自分の興味がある音楽の方向がそれこそヒップホップだったりレゲエだったりしちゃって、ライブハウス行かないで深夜のイベントばっかり行ってたってのもあるし。もうバンドに未練もなかったし。

タイラ:意地悪な質問が続いちゃうんですけど、バンドがこりごりだと思ったのはやっぱりたくさんの人間で一つの音楽をやるっていうのが負担だったとかストレスだったとかそういう理由ですか?

奈部川:多分、なんだかんだで俺は団体行動無理なんだよね(笑)。

タイラ:今はそういう風に見えないですけどね(笑)。

奈部川:ほんと?(笑)でも30歳過ぎるとコントロールできるんだよ。20代とかだとコントロールできないからぶつかるじゃん?だけど今はそういう自分の「団体行動は苦手だ」って性格はわかりつつも、コントロールは出来るから。たまにみんなと険悪な雰囲気になっても「あ、そういえば何年か前に同じようなシーンあったな」とか思ったり。

タイラ:なるほど、じゃあ経験が自分の中で生きてくるんですね。

RELATED

TREND

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved