FEATURED

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.8】 夢叶った パリス・ヒルトンに会えた しかも...

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.8】 夢叶った パリス・ヒルトンに会えた しかも…

どで〜〜〜〜〜〜ん パリスたんに会ったよ 僕のmixiのプロフィールの「好きな有名人」の欄にパリス・ヒルトンと書かれているのを見れば僕がどれだけ長い間パリスたんを好きだったかがわかります。日本で高校生 …
Learn More
Column, Recommended
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.18】スミス、「歌詞」についてかんがえた

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.18】スミス、「歌詞」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。 編集の仕事を朝方に変えてから、働く時間を減らすことに成功した気がするが、つまりだらだらしていた時間を睡眠に当てて、より締切ギリギリに作業を始めるということになってい …
Learn More
Column
LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.7】新曲“ドルフィン・ソング”徹底解剖 きっと音楽が少し違って聴こえるはず

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.7】新曲“ドルフィン・ソング”徹底解剖 きっと音楽が少し違って聴こえるはず

僕がやっているレトロポップ・デュオ Layla Laneが“ドルフィン・ソング”のMVを公開しました。曲自体は3年くらい前に書いて、ライブでもやってきている曲なのですが、今回あらためて真面目にレコーデ …
Learn More
Column
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.17】スミス、「曲」についてかんがえた

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.17】スミス、「曲」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。 春がやってきた。暖かくて気持ちがよく、考え事をするのが、いちばん難しくなる季節だ。冬の寒い夜に、ぎゅっと体を固めていると、集中力が体の中心にアイデアを生み出してくれ …
Learn More
Column, Recommended
【Live Report】yahyel、圧巻のサウンド・アンド・ヴィジョン 恵比寿LIQUIDROOMでの、ツアー初日公演最速レポート公開

【Live Report】yahyel、圧巻のサウンド・アンド・ヴィジョン 恵比寿LIQUIDROOMでの、ツアー初日公演最速レポート公開

恵比寿LIQUIDROOMにて昨日行われた東京公演を皮切りに、京都、札幌、名古屋、大阪、高知、仙台、そして韓国・ソウルの計8都市で、行われるyahyelの2ndアルバム『Human』リリースツアー。超 …
Learn More
Recommended, Report
フラワーカンパニーズ

【Interview】結成30周年目前にしてなお「音楽的に評価されていない」と語るフラワーカンパニーズ、自主レーベル設立で切り拓く突破口

昨年自主レーベルであるチキン・スキン・レコードを立ち上げ、アルバム『ROLL ON 48』を発表、東京・マイナビBLITZ赤坂での全国ツアーファイナルを終えたばかりのフラワーカンパニーズ。このインタビ …
Learn More
(左から)西槇太一、タイラダイスケ

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.6】×西槇太一 [後編] マネージャーからカメラマンへと意外過ぎる転身を果たした4年間

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 第6回目となる今回はカメラマン西槇太一さんのお話を聞いた。 前編では西槇さんの音 …
Learn More
KAO=S

【Interview】その音楽は、世界を旅しながら想いを積み重ねてゆくーーKAO=S、最新作『AMRITA』を語る。

時として偶然の出会いが、人の運命を大きく変える必然の始まりになることがある。シンガーとして活動していた山切修二のライブを偶然目にした、剣舞師/モーションアクターとして活動していた川渕かおり。そのときに …
Learn More
Interview, Recommended
(左から)西槇太一、タイラダイスケ

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.6】×西槇太一 [前編] 音楽に関わり続け、バンドマンからマネージャー、そしてまさかのカメラマンに

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 第6回目となる今回はカメラマン西槇太一さんのお話を聞いた。 彼のオフィシャルサイ …
Learn More
Loading...

フラワーカンパニーズ

【Interview】結成30周年目前にしてなお「音楽的に評価されていない」と語るフラワーカンパニーズ、自主レーベル設立で切り拓く突破口

昨年自主レーベルであるチキン・スキン・レコードを立ち上げ、アルバム『ROLL ON 48』を発表、東京・マイナビBLITZ赤坂での全国ツアーファイナルを終えたばかりのフラワーカンパニーズ。このインタビ …
Learn More
(左から)西槇太一、タイラダイスケ

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.6】×西槇太一 [後編] マネージャーからカメラマンへと意外過ぎる転身を果たした4年間

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 第6回目となる今回はカメラマン西槇太一さんのお話を聞いた。 前編では西槇さんの音 …
Learn More
KAO=S

【Interview】その音楽は、世界を旅しながら想いを積み重ねてゆくーーKAO=S、最新作『AMRITA』を語る。

時として偶然の出会いが、人の運命を大きく変える必然の始まりになることがある。シンガーとして活動していた山切修二のライブを偶然目にした、剣舞師/モーションアクターとして活動していた川渕かおり。そのときに …
Learn More
Interview, Recommended
(左から)西槇太一、タイラダイスケ

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.6】×西槇太一 [前編] 音楽に関わり続け、バンドマンからマネージャー、そしてまさかのカメラマンに

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 第6回目となる今回はカメラマン西槇太一さんのお話を聞いた。 彼のオフィシャルサイ …
Learn More
工藤ちひろ

Nozomi Nobody【Origin Vol.5】× 韓国インディーを撮る写真家・工藤ちひろ [後編]「全部が無意識なままここまで来た」点と点が繋がっていくとき

思いがけず縁もゆかりも興味もなかった韓国に駐在することになり、“たまたま”韓国・弘大(ホンデ)のインディー・シーンに出会い、“たまたま”カメラを手にし、そこからはずば抜けたエネルギーと行動力で数々のア …
Learn More
Interview, Recommended
(左から)Nozomi Nobody、工藤ちひろ

Nozomi Nobody【Origin Vol.5】× 韓国インディーを撮る写真家・工藤ちひろ [前編] バックステージで待ち伏せ、DIYレコードショップーー“たまたま”を引き寄せるエネルギーと行動力

忘れもしない、高校入学式の朝。遅刻ぎりぎりで教室に入ると、そこにはすでに女子たちによる輪が出来ていて、何やらたいそう盛り上がっていた。その輪の中心で大きな声と身振り手振りで、会ったばかりの女子たちをき …
Learn More
Interview, Recommended
タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.5】×會田洋平(えるえふる/ core of bells)

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.5】×會田洋平(えるえふる/ core of bells)[後編]「自分が100%やりたいこと、好きなことで生きていく」と誓った人生

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 第5回目となる今回は新代田で愛される飲み屋「えるえふる」のオーナー兼プロデューサ …
Learn More
Interview, Recommended
左から會田洋平(えるえふる/ core of bells)、タイラダイスケ(FREE THROW)

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.5】×會田洋平(えるえふる/ core of bells)[前編]「自分が100%やりたいこと、好きなことで生きていく」と誓った人生

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 第5回目となる今回は新代田で愛される飲み屋「えるえふる」のオーナー兼プロデューサ …
Learn More
Interview, Recommended
左からアフロ(MOROHA)、タイラダイスケ(FREE THROW)

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.4】×アフロ(MOROHA)[後編]「自分が幸せになるための方法」として「音楽」を選ぶ

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 前編ではMOROHAの活動を続けていく中で、MOROHAの活動だけで生活を成立さ …
Learn More
Interview, Recommended
Loading...

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.8】 夢叶った パリス・ヒルトンに会えた しかも...

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.8】 夢叶った パリス・ヒルトンに会えた しかも…

どで〜〜〜〜〜〜ん パリスたんに会ったよ 僕のmixiのプロフィールの「好きな有名人」の欄にパリス・ヒルトンと書かれているのを見れば僕がどれだけ長い間パリスたんを好きだったかがわかります。日本で高校生 …
Learn More
Column, Recommended
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.18】スミス、「歌詞」についてかんがえた

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.18】スミス、「歌詞」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。 編集の仕事を朝方に変えてから、働く時間を減らすことに成功した気がするが、つまりだらだらしていた時間を睡眠に当てて、より締切ギリギリに作業を始めるということになってい …
Learn More
Column
LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.7】新曲“ドルフィン・ソング”徹底解剖 きっと音楽が少し違って聴こえるはず

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.7】新曲“ドルフィン・ソング”徹底解剖 きっと音楽が少し違って聴こえるはず

僕がやっているレトロポップ・デュオ Layla Laneが“ドルフィン・ソング”のMVを公開しました。曲自体は3年くらい前に書いて、ライブでもやってきている曲なのですが、今回あらためて真面目にレコーデ …
Learn More
Column
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.17】スミス、「曲」についてかんがえた

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.17】スミス、「曲」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。 春がやってきた。暖かくて気持ちがよく、考え事をするのが、いちばん難しくなる季節だ。冬の寒い夜に、ぎゅっと体を固めていると、集中力が体の中心にアイデアを生み出してくれ …
Learn More
Column, Recommended
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.16】スミス、「作法」についてかんがえた

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.16】スミス、「作法」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。 どこまでも続くガードレールを見るのが好きです。ガードレールの種があって、水をやったらすくすくと育ったわけではなく、誰かがここにガードレールを設置したんだなと思うと、 …
Learn More
Column, Recommended, Trend
LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.6】ソングライター志望には役立つかも知れないよん

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.6】ソングライター志望には役立つかも知れないよん

たまには本業の音楽の話をすることにします。でも、マニアックでミュージシャン以外の方々にとってわけのわからない話をしてもしょうがないので、誰でも楽しめるように努めます。楽しめなかったらごめんね。 まず僕 …
Learn More
Column, Recommended, Trend
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.15】スミス、「新しい仕事」についてかんがえた(その2)

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.15】スミス、「新しい仕事」についてかんがえた(その2)

こんにちは。映像演出家スミスです。 ロケで10年ぶりぐらいに北海道、札幌へ行ってきた。やっぱり別格の寒さだった。出演者もさることながら、慣れないスタッフ(自分自身も含めて)にはなかなかの難敵である。い …
Learn More
Column, Recommended
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.14】スミス、「新しい仕事」についてかんがえた(その1)

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.14】スミス、「新しい仕事」についてかんがえた(その1)

こんにちは。映像演出家スミスです。 眠ると大抵、夢を見ている。眠りが浅いのだろう。しかも9割が悪夢だ。内容はすっかり忘れているのだけれど、恐怖感だけはびっちりと身体中に張りついている。顔を洗ったり、歯 …
Learn More
Column, Recommended
音楽プロデューサー・RAM RIDERの【朝までに送ります Vol.7】スマートスピーカーから占う音楽制作の未来とは?

音楽プロデューサー・RAM RIDERの【朝までに送ります Vol.7】スマートスピーカーから占う音楽制作の未来とは?

日本でも各社からスマートスピーカーが発売になりました。声で呼びかけるだけで好きな音楽を再生してくれたり、天気を教えてくれたり、タイマーの設定や料理の提案なんかも。しかもAI内蔵でどんどん賢くなり、でき …
Learn More
Column, Recommended
Loading...

【Live Report】yahyel、圧巻のサウンド・アンド・ヴィジョン 恵比寿LIQUIDROOMでの、ツアー初日公演最速レポート公開

【Live Report】yahyel、圧巻のサウンド・アンド・ヴィジョン 恵比寿LIQUIDROOMでの、ツアー初日公演最速レポート公開

恵比寿LIQUIDROOMにて昨日行われた東京公演を皮切りに、京都、札幌、名古屋、大阪、高知、仙台、そして韓国・ソウルの計8都市で、行われるyahyelの2ndアルバム『Human』リリースツアー。超 …
Learn More
Recommended, Report
『歓喜に包まれた圧巻の終演』世界を席巻するThe xx、日本で行われた単独公演のライブレポート

『歓喜に包まれた圧巻の終演』世界を席巻するThe xx、日本で行われた単独公演のライブレポート

17年フジ・ロック、ベスト・アクトの声に促されるように実現した単独公演。しかも昨年2月から文字通り世界中を巡ってきた“I See You Tour”の締めくくりとなればパフォーマンスも完璧練れた状態( …
Learn More
Recommended, Report
Nozomi Nobody「Everything Goes Back to You」Release Tour Final

Nozomi Nobody「Everything Goes Back to You」ツアーファイナル@下北沢Half Moon Hall ライブレポート

Text:田中 サユカ Photography:山川 哲矢 12月5日、Nozomi Nobodyの「Everything Goes Back to You」リリースツアー ファイナルが行われた。 会 …
Learn More
Recommended, Report, Trend
バレエ/ヴォーカル・グループ「・POINT」本物の技術とアイデンティティで新しい時代のバレエ・アートを発信 Amazon Fashion Week Tokyoライブレポート

バレエ/ヴォーカル・グループ「・POINT」本物の技術とアイデンティティで新しい時代のバレエ・アートを発信 Amazon Fashion Week Tokyoライブレポート

2017年10月20日 渋谷ヒカリエ Amazon Fashion Week Tokyo / YUMA KOSHINO presents zenballet revolution「・POINT」ライブ …
Learn More
Report
佐々木亮介(a flood of circle)『Juke Joint Tour "Hello, My Name Is LEO”』ツアーファイナル

佐々木亮介(a flood of circle)『Juke Joint Tour “Hello, My Name Is LEO”』ツアーファイナル@渋谷WWW Xライブレポート

Text:秋摩竜太郎 Photo:新保勇樹 佐々木亮介のソロツアー最終公演『Juke Joint Tour “Hello, My Name Is LEO”』が10月2日、渋谷WWW Xにて行われた。ソ …
Learn More
Report
DJ RS

【Interview】U.S.と日本のクラブの違いって? U.S.ツアーを経てDJ RSが今思うこと

“U.S.ツアー”、日本を拠点に活動するミュージシャンであれば1度は憧れるであろう。そんな憧れを自ら行動することで実現し、成功させたDJ RS。世界最大の音楽コンベンション『SXSW(サウス・バイ・サ …
Learn More

【Bonoboライブレポート】冷め止まぬ余韻、感動と称賛の嵐 初となるバンドセットでの単独来日ツアー東京公演

【Bonoboライブレポート】冷め止まぬ余韻、感動と称賛の嵐 初となるバンドセットでの単独来日ツアー東京公演

過剰を排すること。あるいはしすぎないこと。Bonoboことサイモン・グリーンは最新作『Migration』リリース時のインタビューにおいて、「自分で敢えて何か制約をもうけようとすることはないよ」と筆者 …
Learn More
Project, Recommended

投稿が見つかりませんでした。

FEATURED

Close Menu
×
×

Cart

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved