PICK UP

フラワーカンパニーズ

【Interview】結成30周年目前にしてなお「音楽的に評価されていない」と語るフラワーカンパニーズ、自主レーベル設立で切り拓く突破口

昨年自主レーベルであるチキン・スキン・レコードを立ち上げ、アルバム『ROLL ON 48』を発表、東京・マイナビBLITZ赤坂での全国ツアーファイナルを終えたばかりのフラワーカンパニーズ。このインタビ …
Learn More
(左から)西槇太一、タイラダイスケ

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.6】×西槇太一 [後編] マネージャーからカメラマンへと意外過ぎる転身を果たした4年間

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 第6回目となる今回はカメラマン西槇太一さんのお話を聞いた。 前編では西槇さんの音 …
Learn More
(左から)西槇太一、タイラダイスケ

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.6】×西槇太一 [前編] 音楽に関わり続け、バンドマンからマネージャー、そしてまさかのカメラマンに

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。 第6回目となる今回はカメラマン西槇太一さんのお話を聞いた。 彼のオフィシャルサイ …
Learn More
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.16】スミス、「作法」についてかんがえた

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.16】スミス、「作法」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。 どこまでも続くガードレールを見るのが好きです。ガードレールの種があって、水をやったらすくすくと育ったわけではなく、誰かがここにガードレールを設置したんだなと思うと、 …
Learn More
Column, Recommended, Trend
LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.6】ソングライター志望には役立つかも知れないよん

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.6】ソングライター志望には役立つかも知れないよん

たまには本業の音楽の話をすることにします。でも、マニアックでミュージシャン以外の方々にとってわけのわからない話をしてもしょうがないので、誰でも楽しめるように努めます。楽しめなかったらごめんね。 まず僕 …
Learn More
Column, Recommended, Trend
cero、5月に4thアルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』リリース決定&発売記念全国ワンマンツアー開催

cero、5月に4thアルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』リリース決定&発売記念全国ワンマンツアー開催

ceroが5月16日(水)に4thアルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』をリリースする。また、発売を記念した全国ワンマンツアーも決定した。 リリースの発表に伴い、写真家・小浪次郎による新 …
Learn More
DYGL

DYGL × BEACH FOSSILS、日米インディー・シーンを牽引する2組が3月東京・大阪で共演

The Strokes のギタリストAlbert Hammond Jr をプロデューサーに迎えた1stフルアルバム『Say Goodbye to Memory Den』がヒットを記録し、続く各公演がす …
Learn More
LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.5】LAのクラブで女子をゲットする方法(実践済み)

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.5】LAのクラブで女子をゲットする方法(実践済み)

あけましておめでとうございます。新年ですので、景気のいい話でスタートしましょう。 僕が教えてもらったクラブでモテる方法(実践済み)を紹介します。 僕はそもそも好んでクラブに行ったりとかはしないのですが …
Learn More
Column, Recommended, Trend
Ty SEGALL

USインディ・シーンを代表するガレージ番長=Ty Segall、3月に待望の初来日・東名阪ツアー開催 共演にThe Silence、DMBQ等

日本のインディ・ロック・ファンの間でもカリスマ的な人気を誇る”ぶっ飛びガレージ・サイケ/パンク・ロッカー”=Ty Segall(タイ・セガール)が、3月に東名阪を巡るジャパン・ツアーを開催。東京ではT …
Learn More
Loading...

塩入冬湖(FINLANDS)【他人図鑑コラム Vol.2】

塩入冬湖(FINLANDS)【他人図鑑コラム Vol.2】

17歳の時から20歳くらいまで付き合っていた人がわたしのはじめてきちんと付き合った人だった。 ひとつ年上で優しくて話し方と肩の骨がものすごく好みだった。 とりたての免許で初心者マークをつけて迎えにきて …
Learn More
Column, Recommended
タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.10】× OSAWA17(I HATE SMOKE RECORDS / THE SENSATIONS)(後編)『シーンへの危機感から掴み取った「生活」と「音楽」を続けて行く意味』

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.10】× OSAWA17(I HATE SMOKE RECORDS / THE SENSATIONS)(後編)『シーンへの危機感から掴み取った「生活」と「音楽」を続けて行く意味』

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てる対談連載「生活と音楽」。 第10回目となる今回はインディーレーベルI HATE SMOKE RECORDSの主宰であり、 …
Learn More
Interview, Recommended
タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.10】× OSAWA17(I HATE SMOKE RECORDS / THE SENSATIONS)(前編)『「名前をつければ大丈夫だ」から始まったI HATE SMOKE RECORDSのレーベル活動』

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.10】× OSAWA17(I HATE SMOKE RECORDS / THE SENSATIONS)(前編)『「名前をつければ大丈夫だ」から始まったI HATE SMOKE RECORDSのレーベル活動』

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てる対談連載「生活と音楽」。第10回目となる今回は、インディーレーベルI HATE SMOKE RECORDSの主宰であり、 …
Learn More
Interview, Recommended
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.28】スミス、「続けること」についてかんがえた

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.28】スミス、「続けること」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。 台風で撮影を延期しました。数年に1回ぐらいこういうことが起きます。本来あるべき撮影の日はどういうわけだか仕事が捗ります。ボーナス感があるんです。間違って早起きしたよ …
Learn More
Column, Recommended
LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.10】 クラシック音楽家向けの話。クラシック音楽家としてどうやっていけばいいの!?

LA音楽生活15年・Layla Laneヒデの【原稿料頂いたのでお話します Vol.10】 クラシック音楽家向けの話。クラシック音楽家としてどうやっていけばいいの!?

わたくし、今でこそどっぷりポップ音楽の人間ですが、実は大学ではクラシックギターを専攻しておりました。ということで、今回は特にクラシックを今一生懸命頑張ってるよ〜という皆さんに向けて書きます。若いクラシ …
Learn More
Column, Recommended
Nozomi Nobody【Origin Vol.6】×  Kaz Skellington(Playatuner / umber session tribe)[後編] ヒップホップは「自分で居場所を作ること」

Nozomi Nobody【Origin Vol.6】× Kaz Skellington(Playatuner / umber session tribe)[後編] ヒップホップは「自分で居場所を作ること」

取材中、カズ君は何度も「居場所」という言葉を口にした。「ヒップホップに恩恵を感じてる」とも。ヒップホップからもらったものを一生懸命還そうとしているのだなと思った。音楽や音楽を取り巻く現状に真摯に向き合 …
Learn More
Interview, Recommended
Nozomi Nobody【Origin Vol.6】×  Kaz Skellington(Playatuner / umber session tribe)[前編] ユーザーの「人生を変える」決意と使命。日本一のヒップホップWEBマガジンが出来るまで【前後編】

Nozomi Nobody【Origin Vol.6】× Kaz Skellington(Playatuner / umber session tribe)[前編] ユーザーの「人生を変える」決意と使命。日本一のヒップホップWEBマガジンが出来るまで【前後編】

<後編へ> 私が初めてカズ君(Kaz Skellington)に会ったのは、2年前。友達の企画ライブにカズ君がMCを務めるバンド・umber session tribe(以下アンバー)が出ていた時だっ …
Learn More
Interview, Recommended
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.27】スミス、「1日」についてかんがえた

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.27】スミス、「1日」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。 ドラマの現場は毎日同じスタッフに会うので、会社勤めしている気分になります。ミュージックビデオやコマーシャルの仕事だと、会っても3日に一度なので、新鮮な気分です。今回 …
Learn More
Column, Recommended
DAW女・小南千明【脳内エクスポートVOL.1】 ヘッドホンのはなし

DAW女・小南千明【脳内エクスポートVOL.1】 ヘッドホンのはなし

ヘッドホンが壊れた。 作業用のじゃなくてリスニング用の、外で音楽聴く時に使ってたやつ。 私の場合、衣装やアーティスト写真でヘッドホンをつけてることが多いけど、普段からよく首にかけて出かける。街中で知り …
Learn More
Column, Recommended
Loading...

FEATURED

Close Menu
×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved