トリプルファイヤー、2019年最初の自主企画は東郷清丸を迎え2マン開催

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email

トリプルファイヤー、2019年最初の自主企画開催が決定。

トリプルファイヤーがいま最も共演したいミュージシャンを呼んでおこなう2マン企画「キャンプファイヤー」。
1年ぶりに開催される第2回目には、東郷清丸の出演が決定した(バンド編成での出演予定)。
チケットは11/7(水)より各プレイガイドにて発売開始。

LIVE INFO

キャンプファイヤー2

日程:2019年2月9日(土)
会場:渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:トリプルファイヤー / 東郷清丸

開場/開演:18:00/19:00
前売/当日:¥3,000/¥3,500(共にドリンク代別)
問:渋谷 TSUTAYA O-nest(03-3462-4420)
http://shibuya-o.com/

チケット:11/7(水)10:00〜発売
■ぴあ(Pコード:134-657)
■ローチケ(Lコード:73561)
■e+(http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002278169P0030001
■O-nest店頭

PROFILE

triplefire_photo_1802

トリプルファイヤー

吉田 靖直(vocal)
鳥居 真道(guitar)
山本 慶幸(bass)
大垣 翔(drums)

2006年結成、2010年に現在の編成となる。
「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいた。
ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。
メンバーはみな性格が良く、友達が多い。

<Official Website> http://triplefirefirefire.tumblr.com

PROFILE

Profile_togokiyomaru

東郷清丸

1991年横浜生まれ。幼少期からバスケットボールで培った身体感覚と合唱コンクールの指揮者で養ったカンのようなものをベースに16歳頃から作曲を始める。
童謡からポップス/ロック/ブラックミュージック/ラップなどの音楽のみに留まらず、人の会話や虫の鳴き声や車のエンジンや換気扇の回る音にいたるまで、耳に入るもの全てに感銘を受けながら音楽表現に取り組むソングライター。

演奏時は弾き語り、エレキ+リズムマシンを用いたソロ、他プレーヤーを迎えてのバンド編成など、場所にあわせて自由な形をとる。

2017年1月、自宅にて制作した「ロードムービー」をsoundcloudに公開し活動をスタート。同年3月に「TOKYO BIG UP!オーディション」最終選考出場。ライブ審査にて特別審査員の中尾憲太郎/松田“CHABE”岳二/MC.sirafu各氏に絶賛され審査員特別賞を獲得。

2017年9月、自らの勤めるデザイン/活版印刷を軸とした会社Allright内に新たにレーベル”Allright Music”を立ち上げ、11月に1st Album「2兆円」リリース。”APPLE VINEGAR AWARD”ノミネート10作品にも選出される。

2018年7月、FUJI ROCK FESTIVALにてROOKIE A GO-GOに出演し、翌年のメインステージ出演をかけた選考の会場投票で1位を獲得した。

<Official Website> http://togokiyomaru.com/

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved