90年代後半のイギリスにおいて最も象徴的であったロック・バンド、Mansun(マンサン)。1998年に発表し全英6位を獲得した2ndアルバム『SIX』がリイシュー。通常盤CD & デラックス盤3CD+1DVD(限定盤)でリリース。3月、Paul Draper(ポール・ドレイパー)来日公演決定。

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
タグ:

90年代後半のイギリスで最も象徴的であったロック・バンド、Mansun。全英1位を記録した2017年のデビュー・アルバム『Attack of the Grey Lantern』に続き、彼らが1998年9月にリリースしたセ2ndアルバム『Six』は、“プログレッシヴ、グラム、80年代初頭のギター・ポップのねじれた迷路”とNMEが評したように、ポップ、エレクトロニカ、プログレッシヴ・ロック等、様々な要素を持った作品で、数多くのアイデアとインスピレーションが統合された内容となった。
アルバムからは計4曲(「Legacy」「Being A Girl」「Negative」「Six」)がシングル・カット。全英6位を記録し、ゴールド・ディスクとなった。今回の再発にあたり、Jon Astley(Van Morrison、The Who、George Harrison、Norah Jones、Rolling Stones)がオリジナルのマスターテープよりアルバムをリマスター。通常盤CD & デラックス盤3CD+1DVD(限定盤)でリリースされる。
通常盤CDは、オリジナルの13曲に「Tom Baker Takes(Takes 2, 3 & 4 – Unused)」をボーナス・トラックとして追加収録。限定となる3CD+1DVDのデラックス盤は、オリジナルのアルバムのDISC1(CD)、デモ、レアリティーズ、アウトテイクスをコンパイルしたDISC2(CD)、Bサイド・アルバム『The Dead Flowers Reject』のDISC3(CD)、バンドの長年のコラボレーター、P-Dubによるオリジナル・アルバムの5.1サラウンド・サウンド・ミックスと、プロモーションビデオを収録したDISC4(DVD[NTSC/Region 0])の4枚組で、48Pのハードバック・ブック仕様となる。

今作のリリース前の3月頭には、バンドのフロントマン、Paul Draperの来日公演も決定。ライヴは即完し、追加公演も同じく即完。再追加の3公演が新たに発表された。

<Mansun – SIX (21st Anniversary Edition)>

<Mansun – When The Wind Blows (Demo Version)>

LIVE INFO

Paul Draper(Mansun)Acoustic Japan Tour

・2019.3.6(Wed)[東京] 渋谷TSUTAYA O-nest(Sold Out)
・2019.3.7(Thu)[東京] 渋谷TSUTAYA O-nest(Sold Out)
・2019.3.8(Fri))[大阪] 心斎橋FanJ
・2019.3.9(Sat)[東京] 下北沢CLUB Que
・2019.3.10(Sun)[東京] 下北沢CLUB Que

 詳細:https://www.alive.mu/

RELEASE INFO

MANSUN

『SIX(SIX~21st アニヴァーサリー・リイシュー)』

2019.03.22(Fri)on sale

PRICE:
【通常盤】¥2,200+tax[CD]
【デラックス盤】¥7,800+tax[CD3+DVD]
PRODUCT NUMBER:
【通常盤】KSCOPE666J[国内流通仕様]
【デラックス盤】KSCOPE545J[国内流通仕様]
LABEL:BIG NOTHING / ULTRA-VYBE
※付帯物未定

[通常盤CD]
1. Six
2. Negative
3. Shotgun
4. Inverse Midas
5. Anti Everything
6. Fall Out
7. Serotonin
8. Cancer
9. Witness To A Murder (Part 2)
10. Television
11. Special/Blown It (Delete As Appropriate)
12. Legacy
13. Being A Girl
14. Tom Baker (Takes 2, 3 & 4 – Unused)*
*Bonus Track

[デラックス盤3CD+1DVD(限定盤)]
(DISC 1 / CD:ALBUM)
1. Six
2. Negative
3. Shotgun
4. Inverse Midas
5. Anti Everything
6. Fall Out
7. Serotonin
8. Cancer
9. Witness To A Murder (Part 2)
10. Television
11. Special/Blown It (Delete As Appropriate)
12. Legacy
13. Being A Girl

(DISC 2 / CD:Demos, Rarities & Outtakes)
1. Tom Baker (Takes 2, 3 & 4 – Unused)
2. There’s No Taste Like Heinz (Instrumental Version – Take 3)
3. When The Wind Blows (Alternative Backing Track – Never Used)
4. Bobblehat (Dominic Chad Lead Vocal, Glass Orchestra & Extra Section)
5. 8 Bit Drum Kit Instrumental Idea (Unfinished)
6. Legacy (Original Arrangement – Unfinished)
7. Pterodactyl (Subliminal Track in Serotonin – Isolated)
8. Fall Out (Earlier Unedited Version)
9. Cancer (Alternative Full-Length Version)
10. Cancer (Take 2 – Backing Track)
11. Face In The Crowd (B Side)
12. Uncle Peter (GSOH) (Isolated Vocals)
13. Dominic Chad Untitled
14. Hideout (B Side)

(DISC 3 / CD:The Dead Flowers Reject)
1. What It’s Like To Be Hated
2. GSOH
3. Been Here Before
4. When The Wind Blows
5. Can’t Afford To Die
6. Church Of The Drive Thru Elvis
7. I Care
8. King Of Beauty
9. But The Trains Run On Time
10. Check Under The Bed
11. I Deserve What I Get
12. Railings
13. Spasm Of Identity

(DISC 4 / DVD:5.1 Mix & Promo Video)※NTSC/Region 0
1. Six (5.1 Mix)
2. Negative (5.1 Mix)
3. Shotgun (5.1 Mix)
4. Inverse Midas (5.1 Mix)
5. Anti Everything (5.1 Mix)
6. Fall Out (5.1 Mix)
7. Serotonin (5.1 Mix)
8. Cancer (5.1 Mix)
9. Witness To A Murder (Part 2) (5.1 Mix)
10. Television (5.1 Mix)
11. Special/Blown It (Delete As Appropriate) (5.1 Mix)
12. Legacy (5.1 Mix)
13. Being A Girl (5.1 Mix)
14. Legacy (Promo Video)
15. Being A Girl (Promo Video)
16. Negative (Promo Video)
17. Six (Promo Video)

 

PROFILE

KSCOPE666_photo2

MANSUN(マンサン)

Mansunはイギリスのチェスター出身のロック・バンドで、Paul Draperを中心に1995年に結成。その耽美的なサウンドにより、大きな人気を獲得した。1997年にデビュー・アルバム『Attack of the Grey Lantern』をParlophoneよりリリース。アルバムは全英1位を獲得し、プラチナディスクとなる。翌1998年にはセカンド・アルバム『Six』をリリース。全英6位を記録し、シングル「Legacy」もヒット。2000年にはサード・アルバム『Little Kix』をリリースするも、全英12位と振るわず、4枚目のアルバム制作途中の2003年5月にバンドは解散してしまった。Mansun解散後、Paul Draperは主にプロデューサー等、裏方の仕事を開始する。2005年にはSkunk AnansieのSkinの楽曲「Alone In My Room」を共作し、共同プロデュース。2009年にはThe Joy Formidableの曲に参加して、プロデュースも手掛け、同年のMy VitriolのライブでMansunの曲をプレイ。また、2016年にリリースされたThe Anchoressのアルバムの共同プロデュースもおこなっていた。2014年、Paul Draperは地元チェスターでおこなわれたMansunのコンヴェンションで新曲「Feeling My Heart Run Slow」を発表。2016年の6月には、Catherine AD (The Anchoress)やMansunのコラボレーターであったPaul “P-Dub” Walton 等とレコーディングしたEP、『EP One』をリリースし、英フィジカル・シングル・チャートで2位を獲得。同年11月には、同じくCatherine ADやPaul “P-Dub” Walton 等とレコーディングしたEP、『EP Two』をリリースし、英フィジカル・シングル・チャートで1位を獲得した。そして2017年8月、Paul Draperはデビュー・ソロ・アルバム『Spooky Action』をリリース。アルバムはUKトップ20ヒットを記録し、その後に行われたソロ・ツアーもソールド・アウトとなった。また2018年2月には、2017年9月にロンドンのScalaでおこなわれたショーを収録したライヴ・アルバム『Live at Scala』もリリース。2018年11月にはMansunのデビュー・アルバム『Attack of the Grey Lantern』のみで構成されたライヴ・アルバム『Attack of the Grey Lantern – Live At The Ritz』をリリースした。

■More Info:http://bignothing.net/mansun.html

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved