ベルリンを拠点に活動を続ける日独アートポップバンド・OSCAが、2ndシングル「YOUTH」をリリース。東京の随所で撮影された遊び心溢れるMVも公開!

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
タグ:

3月10日、ベルリンを拠点にベルリン映画祭、ミラノ EXPO, FUSION FESTIVALなど、盛んなライブ活動を続ける日独アートポップバンド・OSCAの2ndシングル「YOUTH」が発表となった。

<OSCA – YOUTH>

ポップながらディープで精確なサウンドに響く力強く伸びやかなヴォーカル、そして2018年の日本ツアー中に東京の随所で撮影された遊び心に溢れたミュージッククリップには、“魂は自由だ”、“魂は衰えない”、“魂を解放せよ”というバンドのメッセージがストレートに込められている。


メンバー全員がクラシック音楽の背景を持ち、訓練された技法を敢えて崩し自らを解放することで、ネオポップ、エログロ、アングラ、サブカル、何でもありの、型破りなスタイルを確立したOSCA。
東京とベルリンの自由な空気を体現する独特の世界観を醸し出すOSCAワールドを、このヴィデオで体感しよう。

RELEASE INFO

OSCA

『YOUTH』

Now on sale

FORMAT:Digital

■Spotify
https://open.spotify.com/album/7z84A3IKciyOOgCJETaKRk

 

PROFILE

UqqsRw7E

OSCA

OSCA は、日独ハーフのボーカル/プロデューサー、大槻幽香とキーボーダー、マティアス・エアハルトによって 2009 年 に結成された、ベルリンをベースに活動するユニークなバンドである。ドラマー/トランペッターのドミニク・シェー ラーとベースの東川聖大を加え、バンドのスタイルは、エレクトロ、ジャズ、ポップス、クラシックなどのジャンルを 超えて、もはやハイパーポップと呼ぶに相応しい。全てセルフプロデュースのアバンギャルドな音楽は、Moloko や Björk、Portishead や Florence + the Machine のサウンドを彷彿させ、英語と日本語で書かれた歌詞には、ベルリンの デカダンス、空想の世界、日本の遠く懐かしい情緒などがシネマティックに描き出される。 OSCA の住処、OSCALAND は、願望と快楽に満ち溢れる世界だ。彼らのエネルギッシュなライブパーフォーマンスは、 瞬く間にオーディエンスを引き込み魅了する。そして、しばし現実を忘れた聴衆は、OSCALAND へ誘われるのである。 大槻幽香はソングライター、プロデューサーとして、J-POP と K-POP の世界でも活躍中。最近手掛けた作品は、テミ ンのシングル Flame of Love、EXO の EXODUS、三浦大知の Yes & No、西野カナの Shut Up など。

<Official Website> http://www.oscamusic.com
<Instagram> https://www.instagram.com/osca_music/
<Facebook> http://www.facebook.com/oscamusic
<Twitter> https://www.twitter.com/osca_music

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved