発信地は長野県長野市、日本語ロックバンド「kOTOnoha(コトノハ)」の初となる全国流通音源のリリースが決定!

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
タグ:

市外局番「026」、長野県長野市から発信する日本語ロックバンドkOTOnoha(コトノハ)。バンド名が示す通り、日常的な言葉=日本語でのみ構成された歌詞と、様々なジャンルにアプローチし続けたサウンド、そして即興性を武器としたライブパフォーマンスを軸に唯一無二の音楽を展開する。

結成から5年。2019年夏に初となる全国流通音源のリリースが決定した。

タイトルの『明日から借りた言葉』には、これからkOTOnohaの音楽に触れる未来の誰かから言葉を借りて音楽を作る、自分達の音楽を通して明日を生きる誰かにその言葉を返しに行きたい、という願いを込めている。

RELEASE INFO

kOTOnoha

『明日から借りた言葉』

2019.07.31(Wed)on sale

PRICE:¥1,800 +tax
FORMAT:CD
PRODUCT NUMBER:KZNR-0010
LABEL:KIZUNA RECORDS
DISTRIBUTION:PCI MUSIC

1. 漂う
2. サーチライト
3. 未だ来ぬミライ
4. 落日
5. 夢路
6. シネマトグラフ
7. 点と線

 

LIVE INFO

kOTOnoha

6月8日(土)埼玉:越谷 EASY GOINGS
6月8日(土)埼玉:北浦和 KYARA
6月30日(日)新潟:新潟 CLUB RIVERST
7月15日(月・祝)静岡:静岡 UMBER
andmore…

PROFILE

kOTOnohaアー写(KZNR-0010)

kOTOnoha

発信地は市外局番「026」、音と言葉の可能性。

市外局番「026」、長野県長野市から発信する日本語ロックバンド【kOTOnoha(コトノハ)】。

そのバンド名の示す通り、日常的な言葉=日本語でのみ構成された歌詞と、時にラップ的、時にギターロック的、 時に激情系ハードコア~ポストロック的なアプローチへ挑戦。フリースタイルラップやジャムセッション的な即興も交えた「その日しか出来ない」ライブを目指し、型にはまらない唯一無二の音楽を展開する。

kOTOnohaの型にはまらない唯一無二の音楽はジャンルを問わない活動から生まれる。

ギターロック・エモ・メロコア・ポップパンク・ハードコア・ミクスチャー・メタル・ヴィジュアル系・ポストロック・ニューウェーブ・弾き語り・アイドル…と、あらゆるジャンルのアーティストと共演を重ねる。

自主企画イベント【イキヅクオト】【街の灯】を始め、メンバー各個人が企画するイベントを積極的に主催し、『心に響く音楽』『ローカルからの発信』をテーマに、ジャンルを問わず様々なアーティストを長野県へ招聘している。

呂布カルマ・GADORO・YOU THE ROCK★・MC☆ニガリ・STERUSS・PONYといった様々なラッパー達との共演や、篠崎こころ・ゆるめるモ!といったアイドルとの共演も経験している。

また、日本語詞のみの活動ながらもTAKEN(アメリカ)・COUNTER PARTS(カナダ)・eleventwelfth(インドネシア)・ALAZKA(ドイツ)といった海外バンドの来日公演のサポートアクトにも抜擢されている。

<Official Website> http://kotonoha-band.com
<Twitter> https://twitter.com/kOTOnohaband

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved