CONTENT

4/25発売のGONNO×MASUMURAのデビュー・アルバム『In Circles』に岡田拓郎とTorn Hawkがゲスト参加

Share
Tweet
Share
Email
4/25発売のGONNO×MASUMURAのデビュー・アルバム『In Circles』に岡田拓郎とTorn Hawkがゲスト参加

GONNO × MASUMURA

日本の次世代ハウス/テクノを代表するプロデューサー・GONNOと、ドラマー・Kazuhiko Masumura(ex. 森は生きている)によるGONNO × MASUMURAのデビュー・アルバム『In Circles』の詳細が発表された。

4月25日(水)に発売となる本作には、ゲストとして岡田拓郎(ex. 森は生きている)と、映像作家・Luke Wyattとしても知られるブルックリンのアーティスト・Torn Hawkが参加。全9曲が収録される。

RELEASE INFO

GONNO × MASUMURA 『In Circles』

2018.04.25 (Wed) on sale
PRICE:¥2,400 +tax
PRODUCT NUMBER:PCD-24714

1. Circuit Feat. Takuro Okada & Torn Hawk
2. In Circles
3. Promoter Said Like It’s All About Public Images
4. Missed It
5. Wirbel Bewegung
6. Lichtenberg Downstairs
7. Mahorama
8. Cool Cotton
9. Ineffable

※解説:野田努(ele-king)

 

GONNO × MASUMURA 『In Circles』

PROFILE

GONNO

GONNO

WC / Merkur / mulemusiq / International Feel
日本の次世代ハウス/テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。2011年にInternational Feel Recordingsからリリースされたシングル”Acdise #2”が、ロラン・ガルニエやジェームス・ホールデン、フランソワ・ケヴォーキアン等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。2013年にはジェフ・ミルズ “Where Light Ends” のリミックス提供を初め、NYのBeats In Space Recordsからの”The Noughties EP”、ALTZとのスプリットシングル、Calm別名義K.F.のリミックス等を次々と発表、海外公演も数年に渡り行い、同年にはロンドンBoiler Roomに初出演も果たした。2015年には4年ぶりにInternational Feelより新作”Obscurant”を発表。従来のアシッド/メロディックな要素を残しながら、スローモーかつポストクラシカルなアプローチを意欲的に取り入れた本作も、収録曲”A LIfe With Cralinet”はVice Magazine UKの音楽チャンネル “THUMP”の2015上半期において4位に取り上げられている。8月には自身10年振りの、ワールドワイドではデビュー作となるアルバム “Remember The Life Is Beautiful”を発表、PitchforkやResident Advisorなど海外各メディアで賛辞を得る。毎年恒例の欧州ツアーも2015年秋にはベルリンPanorama BarやグラスゴーSub Clubをはじめとした各国で大盛況に終わり、冬にはBoiler Roomの5周年にも出演し話題となった。2016年、ベルリンBerghainが運営するレーベルOstgut TonからNick Hoppnerとの共作「Fantastic Planet」を発表。同年12月には、Berghainの12周年アニバーサリーパーティーにも出演を果たした。近年ではヨーロッパの他にアメリカ/オーストラリア/アジアへのツアーも勢力的に行い、その傍らオランダDekmantelのPodcastシリーズにDJミックスも提供している。

PROFILE

増村和彦/Kazuhiko Masumura

増村和彦/Kazuhiko Masumura

1986年生まれ。大分県佐伯市出身。ドラマー、パーカッショニスト。
2012年からバンド「森は生きている」のメンバーとしてドラムと作詞を担当。バンドは、『森は生きている』『グッド・ナイト』をリリース。
2015年解散後は、GONNO x MASUMURA、OLD DAYS TAYLOR、Okada Takuro、ツチヤニボンド、ダニエル・クオン、水面トリオなどのレコーディングやライヴに参加。また『ele- king』においてコラムなどの執筆を行う。

RELATED

TREND

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved