CONTENT

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.5】スミス、「考える」についてかんがえた

Share
Tweet
Share
Email
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.5】スミス、「考える」についてかんがえた
 

こんにちは。映像演出家スミスです。

「どうやって企画を考えているんですか?」と聞かれることがある。そのときはまあなんとなく、依頼された曲を何度も聞いてだとか、そのアーティストの良いところに着目してだとか答えている。もちろんそれは事実だが、じゃあどうやって最終的な企画を自分自身で決定しているのだろう。
「企画なんてとにかく面白いことを考えれば良いんでしょ」と思われているかもしれないが、実際やってみるとそんな場合は、まれだ。たいていの場合、いろんな条件が備わっている。

まず予算の制限。企画によって値段が違う。決められた予算が一番外側の枠だと考えて良い。その中でいかに派手に遊べるかが作品の最も重要なところだ。予算を無視して企画を出しても、後々自分の首を締めるだけだ。企画は良くても、実現できなければ、演出家の責任だ。

そしてもうひとつ、大きな枠になるのが、時間の問題。納期までの期間もあるし、出演者のスケジュールもある。撮影では太陽の出ている時間は限られている。移動することだって時間がかかる。

たいていの企画はこの二つの問題にぶち当たる。お金と時間のバランスをうまく取ることが、成功の秘訣だ。企画を思い浮かべる時に意識していないと、いつまでたってもしっくりこない。逆にこのバランスが取れていると感じると、思いついたものが小さな企画でも「ここから伸ばしていけばなんとかなる」という自信が持てる。

ここまでしっくりきたところで、現実的に企画を組み立てていく。ここではまだかなり大まかな感じで、例えば「海で野球」とか「踊っていたら最後は爆破」などなど。観た人が一言であらわせるような程度だ。いかに最適な企画にたどり着けるか、取捨選択を繰り返しながら、浮かんでは消えで、大量の企画のタネが消えていく。
ここまでで、ちょっと時間を置いてみたりもする。何しろ思いついた瞬間は、頭の中のテンションはマックスだから、冷静さを完全に失っている。もう一度、客観的に企画をとらえないと、完成度はあがらない。といったところで、次回につづく。

さて、今回の質問です。

大人数の前で発表をする際、反応がいまいちで心が折れた場合どうしたらいいですか
(匿名年齢性別不詳)

そこまで大人数ということはあまりないのだけれども、演出家をやっているとプレゼンテーションをする機会は確かに多い。「なにか面白くしないと」と焦る気持ちもわかります。こういう時は、いかに会話をするように話せるかが大事かなと思っている。とにかく一方通行にならないように。こちらの考えを伝えて、意見が出るような気持ちで話すと、うまくいく気がする。
反応がイマイチだった場合は、まあ素直に「どこがつまらないですかね?」と聞いてしまう。意見が合わなかっただけだと思えるタイプなので、心折れたことなんてありません。

人生、仕事、恋愛、くだらない質問まで、どんなことでも相談にのります。質問は、twitter:@smith0204へ、性別年齢ハンドルネームをそえて、お願いします。是非。

PROFILE

スミス_slide_resize

スミス

武蔵野美術大学卒業後、竹内芸能企画にてミュージックビデオの第一人者である竹内鉄郎に師事。
2000年から演出家として活動し、映像に特化したアーティストを独自の表現で撮り続けてきた。
情熱的なパーティーチューンを得意としながらも、静謐で奇妙な作品も支持されており、動と静の作風を併せ持つ。
近年では、でんぱ組.incの夢眠ねむとの映像ユニット“スミネム”を結成し、活動の幅を広げている。 コレオグラファーとしても活動中。

Web:smith0204.com
Twitter:https://twitter.com/smith0204

RELATED

FEATURED

TREND

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved