映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.9】スミス、「ロケ」についてかんがえた

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email

 

こんにちは。映像演出家スミスです。
企画を考えたりするのに適している時間がある。それは、夕方か早朝。昼の終わりと夜の終わりに、脳みそに何かが垂れてくる。ほんのちょっとの焦りが、今までバラバラだった思考の破片をトロッと溶かして、ぼんやりとしたかたちをつくりだす。それまでの時間が必要なのかどうかは分からないけど、企画はそういう時間を乗り越えてやってくることが多い。仕事をしていて、一番楽しい瞬間です。それまではかなりつらいけど。

企画が出来上がると、演出家はそれを現実に落とし込んでいかなければならない。そんな時、まず頭をよぎるのが、どこで撮影をするかということだ。現実にないものを撮影する場合は、スタジオでセットを組むか、合成用のクロマキー撮影を行う。この場合は、想像の世界を現実に生み出す作業が必要になる。そしてもう一つの方法がロケーションを用いての撮影。簡単にいうと、世の中にある場所で撮影をするということだ。

「女の子が街を歩いている」というカットを撮りたい。ついに頭の中で考えていたことが、現実とぶつかる時が来た。現実の街を完全にコントロールをすることは難しい。広い範囲を封鎖することも中々難しいし、天気だって完全にコントロールはできない。どんな面白いことを計画していても、起きてくる事象になんとか対応していかなければいけない。とにかくロケはリスキーだ。

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved