タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.4】×アフロ(MOROHA)[前編]「生活」を紡いで完成するリリック

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
左からアフロ(MOROHA)、タイラダイスケ(FREE THROW)

 

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。
第四回目となる今回はMOROHAのアフロくんに話を聞いた。

過去三回の連載では「仕事」と「音楽活動」を両立している人たちに話を聞いた。
だが、そういうスタイルで音楽を続ける人たちだけをフューチャーしていくと、
やもすれば一つの価値観のみを提示することになってしまうのではないか、と考えた。
それは本連載の意図することではない。なのでアフロくんに話を聞いてみたいと思った。
アフロくんが所属するMOROHAは現状、音楽での収入のみで生活を成立させている。
その背景にはどんな過程があったのか。またそこに至った現在、彼はどんな景色を見ているのか。

Interview & Text:タイラダイスケ(FREE THROW)Photo:おみそ

<MOROHA / 三文銭>


MOROHAの成り立ちとタイラとの出会いについて

タイラダイスケ(以下タイラ):今日はよろしくお願いします! 早速だけどMOROHAって何年やってるの?

アフロ:来年10周年です。

タイラ:来年10周年かぁ!今アフロ君って何歳だっけ?

アフロ:29っす。

タイラ:29!!

アフロ:差し迫りました。

タイラ:そうだね。でも初めてアフロ君と俺が出会ったのはもう7年前とか…?

アフロ:21とかじゃないっすか?

タイラ:そうだよね、21、2くらいかも。経ましたね~。

アフロ:経たっすね。でもタイラさん変わんないですよね。ずっとおじさん(笑)。

タイラ:いやいやいやいや、どんどん若返って、こんな黄色い帽子も被れるくらいなんで!(笑) そうかぁ、10周年。すごいね。最近はライブは年間何本ぐらいやってるの?

アフロ:100本弱くらいっすね。

タイラ:すごい本数だね。全国津々浦々って感じだよね。

アフロ:うん。そうっすね。

アフロ(MOROHA)
アフロ(MOROHA)

 

タイラ:元々出身はどこだっけ?

アフロ:長野県ですね。

タイラ:上京してきたのは何歳の時?

アフロ:18歳。高校卒業して、美容師の専門学校に進学して。

タイラ:じゃあ髪切れるんだ?

アフロ:資格は持ってます。

タイラ:なるほど。じゃあその学校の在学中にMOROHAは結成してるってことだよね?

アフロ:いや、それが違うんですよ。もうUK(※1)と一緒にやってはいたと思うんですけど、MOROHAって名前はついていなくって。その時はまだ他に地元にラッパーの仲間がいて、その仲間とクルーを組んでました。

※1 MOROHAのアコースティックギター担当。

タイラ:そのクルーの中にはUK君もいたの?

アフロ:UKはいないっす。あいつはあいつでシグマっていうビジュアル系のバンドをやっていて。

タイラ:そうだ、ビジュアル系のバンドやってたんだよね。で、MOROHAになったのはお互いのグループとかバンドが解散したのがきっかけで?

アフロ:そうっすね。

タイラ:一緒にやるかって言ったのが何歳?

アフロ:えぇとね、多分21か、20歳かな。

タイラ:じゃあ、おれがMOROHAと出会ったのは、本当にやり始めの頃だったってことか。

アフロ:まさにそうっす。元々MOROHAになる前はクラブでやってたんですよ。で、UKと「ちゃんとやろう」ってなったときに、「ちゃんとやるならライブハウスに出よう」ってUKが言ったんですよ。クラブは持ち時間が10分とかしかなくて短くて。あと深夜だとなかなかお客さんが来てくれないし、持ち時間30分やるってことで僕らも曲を作ろうって気持ちになるだろうしってところで、ライブハウスでやるようになって。

アフロ(MOROHA)

 

タイラ:なるほど。

アフロ:で、オーディションライブを受けに行って落ちたり、出れてもノルマを背負って出ていて。で、SSWS(※2)ですよ、それこそ。で、MARZ(※3)と出会って、タイラさんですよ。

※2 SHINJUKU SPOKEN WORDS SLAM。新宿MARZで定期的に開催されていたことばと声を使った表現者を集めたトーナメントイベント。

※3 新宿MARZ。タイラが過去店長・ブッキングマネージャーを務めたライブハウス。

タイラ:そっかそっか。そうだよね。企画もMARZでやってくれて、SEBASTIAN XとTHEラブ人間とスリーマン。あれ初企画じゃないかな?

アフロ:あれはね、初企画だったかなぁ、リリースツアーのファイナルみたいな感じだったんですかね。

タイラ:あれってROSE RECORDS(※4)から1stアルバムが出た時?

※4 曽我部恵一氏の主宰する日本を代表するインディーズレーベル(http://rose-records.jp/

アフロ:そうっすね。1st出たとき。

タイラ:なるほど、懐かしいね。ものすごくいい日だったよね、あの日。12月の頭くらいだった気がする。

アフロ:クレヨンで手作りのポスター描いた気がする。覚えてます?

タイラ:覚えてる覚えてる!描いてたね!

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved