“WITH ALS” コミュニケーションクリエイター・武藤将胤の挑戦【NO LIMIT, YOUR LIFE. Vol.2】目の動きでDJ/VJをプレイする世界初の『EYE VDJ』としての挑戦

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email

皆さん、こんにちは。武藤将胤(むとうまさたね)です。
僕はコミュニケーションクリエイターとして活動していますが、もうひとつ、昨年から続けている活動があります。それが「EYE VDJ(アイ・ヴイディージェー)」という活動です。目の動きだけでDJ/VJを同時にプレイするという表現活動です。

ALSという病気の進行によって徐々に手が使いづらくなったことで、大好きな音楽を表現するDJが出来なくなってきたことから立ち上げたプロジェクトです。僕達ALS患者は、手足を動かす自由も声を出す自由も徐々に奪われていきますが、目の動きは比較的最後まで残ると言われています。そのため、目の動きを使った視線入力装置で意思伝達を日常的に行っている患者さんも多くいます。ALSが進行し、どれだけ体が動かなくなっても意識や感覚は正常のままです。だからこそ、その意識や感覚を「表現する」ということがとても大切だと思っています。

僕はALSになって、“WITH ALS”という団体を立ち上げて活動をしていく中で、様々な患者さんにお会いしてきました。ALSになった当初、一番驚いたのが、高齢なおじいさんおばあさんでも視線入力装置を巧みに使ってコミュニケーションを取っていたことです。「何てハイテクなおじいさん、おばあさんなんだろう!」と驚いたのを覚えています。しかし同時に、最低限の意思伝達だけでなく、「表現の自由」を届けられたらもっと明るい未来が作れるのではないかと感じました。僕のように音楽を奏でたり写真を撮ったり、絵を描いたり――。以来、ALS患者さんをはじめ、すべての人に表現の自由を届けたいという想いをずっと抱いていました。

そこで着目したのが、眼鏡型デバイス“JINS-MEME(ジンズ・ミーム)”です。JINS-MEMEとは「自分を見る」ことをコンセプトに開発された眼鏡型のウェアラブル機器で、眼の動きを検知する3点式眼電位センサーと、体の動きをとらえる6軸センサーを搭載しています。このプロダクトが発表された直後、店舗に足を運んで体験したとき「ALS患者さんやハンディキャップを抱えた方々の希望のプロダクトになるのではないか」と感じました。このJINS-MEMEを活用して、目の動きによってさまざまな電子機器をコントロール出来るようになれば、ALS患者さんにとっても最低限の意思伝達に留まらず、「表現の自由」を届けられるのではないか、そう思って“ALS支援ソリューション開発プロジェクト”の発起人となり、プロジェクトを立ち上げました。

僕がまず取り組んだのは、自分自身がALSの進行によって出来なくなってしまっていたDJ/VJを目の動きだけでプレイするアプリケーションの開発でした。多くの場合、DJとVJはそれぞれ別の方がプレイするというのが一般的だと思います。その両方を眼だけで同時にプレイすることが出来れば、ALS発症前よりも進化することが出来る、とてもチャレンジングな体験だと感じました。そこから僕の「DJ/VJプレイへの再挑戦」が始まりました。

最初は、僕の頭の中の妄想から始まったこのプロジェクト。昨年9月、自身でプロデュースする音楽フェス「MOVE FES. 2016」で初めて披露し、今年の3月にはアメリカ・オースティンで開催された「SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)」でもパフォーマンスをしてきました。6 月にはJ-WAVEの「INNOVATION WORLD FESTA 2017」にも出演しました。素晴らしいチームの皆さま(山本製作所、invisible Designs lab.、博報堂など)と、改良を繰り返し、日々進化しているのを実感しています。

そしてもうひとつ僕がこだわり続けてきたことは、「すべての人に表現の自由を」というコンセプトです。僕自身がDJ/VJを挑戦するために作ったシステムを、他の電子機器のコントロールに応用をしていくことで、多くのALS患者さんが日常生活でも活用できるように、開発を続けています。今ではこのアプリケーションを使って、瞬きで写真撮影が出来たり、照明やエアコンを切り替えたり、コントロール出来る機能の幅が広がってきています。僕達は“オープン・イノベーション”という考え方で、自分達が作ってきたアプリケーションのベースを無償で日本中・世界中の開発者に公開することで、皆さんに参加してもらい、機能がどんどん増やしていけるアプリケーションにしています。

アプリ「JINS MEME BRIDGE」の一般公開は今年の秋以降を予定しています。少しでも早く、多くの方の表現の自由を叶えるこのアプリをお届けしたいと思っています。そして僕自身もEYE VDJとして表現活動を通じてALSの認知理解が少しでも多くの方に広がっていくように、プレイを続けていきたいと思います。

次回は9月9日(土)Wombで開催される「MOVE FES. 2017」でプレイをするので、ぜひお越し下さい。


▶“WITH ALS” コミュニケーションクリエイター・武藤将胤の挑戦【NO LIMIT, YOUR LIFE.】Vol.1 – 6月21日“ALS DAY”発表!『BORDERLESS WEAR 01(ゼロワン)』

EVENT INFO

MOVE FES. 2017 〜NO LIMIT, YOUR LIFE.〜

■日程:2017年9月9日(土)
■会場:WOMB[東京都渋谷区円山町2-16]
■時間:OPEN 12:30 / START 13:00 / END 19:00
■出演:eNBAND(KURO, HOZE, Atsushi, YSD) / 桑原あい / RAM RIDER / EYE VDJ Masatane Muto / REALHEART’S / SHUHARIHITO / Response / Marcello Jonno / いつみ /…and more
■料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500 ※別途1ドリンク代¥500
・チケット購入はこちらから→ http://movefes2017.peatix.com
チケット収益の一部は一般社団法人WITH ALSに寄付されます。
■お問い合わせ:move.fes@gmail.com

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved