Okada Takuro(ex.森は生きている)がソロ名義で新曲『硝子瓶のアイロニー』を発表 本日より配信スタート

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
Greg Calbi

2枚のアルバムを発表して2015年に突如解散をした森は生きているのリーダー・岡田拓郎がソロ名義”Okada Takuro”として新曲『硝子瓶のアイロニー』を発表し、本日から配信がスタートした。

森は生きているの解散後は、映画『PARKS パークス』への楽曲提供やSouth Penguinの作品プロデュース、MUSIC MAGAZINEでの執筆活動、okada takuro+duennとしてコラボ盤リリースなど多岐に亘って活動を行っていたOkuda Takuro。新曲はHostess Entertainmentからの配信限定でのリリースとなる。
マスタリングはボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビが手掛けており、同じく元・森は生きているの谷口雄がアコースティック・ピアノ、吉田ヨウヘイgroupの西田修大がエレキ・ギター、さらにジャズ・ドラマーの石若駿がドラマーとして同楽曲に参加。現在、Hostess EntertainmentのYoutubeにて試聴が可能となっている。

RELEASE INFO

Okada Takuro (岡田拓郎)『硝子瓶のアイロニー』

2017.07.21 (Fri) on sale
FORMAT:Digital
LABEL:Hostess Entertainment

TRACK LIST:

1. 硝子瓶のアイロニー

※配信詳細:http://www.onlyindreams.com/artist/okadatakuro.html

Okuda Takuro / 硝子瓶のアイロニー
×

株式会社イノベーションクリエイティブ

ワールドコア株式会社

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8

原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved