【Interview】夢と現実の狭間で心葛藤している人にこそ刺さるアルバム。それがHalf time Oldの最新作『真夜中の失踪に聡明と音楽』だ!!

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email

 3rdアルバム『真夜中の失踪に聡明と音楽』を発売し、現在全国ツアー中のHalf time Old。前アルバム『発見と疑問』に収録した「アウトフォーカス」のMVの再生回数が、間もなく180万回へ届こうとしているように、今、ライブハウスシーンで注目度の上がっているバンドだ。話題のHalf time Oldをここに捉え、その魅力を紐解いた。

<Half time Old – アウトフォーカス>

そのときの自分を楽曲へ投影してゆくのが、自分の、Half time Oldの表現スタイルです。

――前アルバム『発見と疑問』に収録した『アウトフォーカス』のMVの再生回数が間もなく180万回へ届こうとしています。Half time Oldを取り巻く環境にも、いろんな嬉しい変化が現れ出していません?

阪西暢:前アルバム『発見と疑問』の評価が高ければ、そこへCDの売上やライブの動員、SNSやYouTubeを通した反響など目に見える形で評価が現れているように、とても良い状況が生まれています。

――最新アルバム『真夜中の失踪に聡明と音楽』には、強いメッセージ性を持った楽曲を多く収録。鬼頭さん自身の生きざまを提示した曲たちを詰め込んだように、前作にはあったラブソングという表情が今回は一気に減りましたよね。

鬼頭大晴:作りあげた曲たちを並べたら、結果、ラブソングがなかったというだけであって、意識して抑えたわけではなく、今の自分の意識がラブソングには向いていなかったというだけのこと。もしかしたら、また今後ラブソングが生まれるかも知れないように、そこは自分でもわからないといいますか、そのときの自分を楽曲へ投影してゆくのが、自分の、Half time Oldの表現スタイルなんだと思います。

――ギターは、かなり攻めていません?

小鹿雄一朗:僕らなりにロックなアプローチを持って作った前アルバムが、とても好評でした。その反響も踏まえ、今回はよりギターで攻めた結果、アグレッシブさが増したなと思います。

――攻めの姿勢こそが、今のHalf time Oldのモードなのでしょうね。

鬼頭大晴:そうですね。とにかく、(好評だった)前作を越えたい。そうするためには、自分たちでも気に入っていたロック色をさらに強くするという意識を持って、みんなレコーディングへ臨んだことでした。 

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved