塩入冬湖(FINLANDS)【他人図鑑コラム Vol.2】

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email

17歳の時から20歳くらいまで付き合っていた人がわたしのはじめてきちんと付き合った人だった。
ひとつ年上で優しくて話し方と肩の骨がものすごく好みだった。
とりたての免許で初心者マークをつけて迎えにきてくれたりして、私ははじめての事ばかりで浮かれきっていた。
しばらくして私が一人暮らしをはじめ、一緒にいる時間が増えてからというもの喧嘩が増えた。

だいたい私がいけないのだけども、よく遊びに行った場所で喧嘩してはお互い別々に帰る。というような事をしていた。

ある冬の日、横浜あたりに遊びに行った時、例の如く喧嘩をしてお互いその場で別れ、別々に帰ることになった。
時間が経ち冷静になった私は仲直りがしたかったので、
“家で待っているから。”
と伝えようと電話をしたが、出なかった。
少しして、慌ててリダイヤルがあった。
彼はザワザワした中で重い口を開き、少し落ち着きたいから。と言って3時間ほど経った頃帰ってきた。
帰って来た彼にひとりの間何してたの?と尋ねると、
「もう別れてしまうんじゃないかと思って公園でぼーっとしてたよ。ごめん。」
と言った。

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved