CONTENT

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.6】「演出家になる」についてかんがえた

Share
Tweet
Share
Email
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.6】「演出家になる」についてかんがえた
 

こんにちは。映像演出家スミスです。

演出家を十年以上続けているのだが、いまだにふと「なんでこんな仕事を出来てるんだろう?」と幻を見ているような感覚になることがある。就職活動を頑張ったわけでもなく、特別な資格を得ているわけでもない。下積み生活がないわけではないが、いつのまにか今日になってしまった気分だ。幼い頃からの「頭の中」がずっと延長されているような感覚。毎日が夏休み、最後の日。

「どうやったら演出家になれますか」と聞かれることが多いんだけど、やはり答えに困る。かといってなれない訳でもないので、とりあえず僕が辿ってきた道について語っておくことにする。

勉強に挫折した高校生ぐらいから映画監督に興味を持ち、美術大学へ進学する。大学時代に同級生が自主映画を作っているのを横目に見ながら、なんとなく抱いていたイメージが違っている気がしてきて、ひょっとして自分がやりたかったのは映画じゃないんじゃないかと気がつく。映画を作ってる人に比べて、自分に言いたいことがない。いや本当はあるのかもしれないけど、皆に伝えたいわけじゃない。僕が楽しいと思っていることは、皆が面白いねと感じることをいかに見せることができることなんだなと。訴えるんじゃなくて、見せ方を提示したい。ものごとをまた別の一面から見せることによって、こんなにも奇妙で面白い世界が広がっているってことに興味があった。そして、自分を理解していくにつれて、向いている世界が広告にあるんじゃないかなと思い始めた。
自身の思考の仕方、向き不向きを知ることはとても大事なこと。大学で学んだ一番大事なことはこれかもしれない。

無事大学は卒業したが、就職活動もまともにせずにいたら、当たり前のように広告の仕事に就くことなんかできず、いつのまにかフリーターになり、偶然の出会いから、映像制作会社に転がり込んだ。そこはミュージックビデオを作っている竹内芸能企画という会社だった。もちろんミュージックビデオという映像があることは知っていたが、それを作っている人がいるという発想がなかったんだけど、いざ仕事に関わってみると、とても自分に向いていることに気がついた。
まず約5分という尺の映像であるということ。ちょっとした物語もつくれるし、力強いひとつのアイデアで乗り切れなくもない時間。音楽という「言いたいこと」はすでに用意してある。あとはその視点の提示さえ出来れば、面白くなる。そしてなにより、すぐ出来上がる。自由な空気もあったし、なぜだか出来るんじゃないかという、理由なき自信があった。

続きは、次回。

さて、今回の質問です。

前日までの疲れのせいで恐ろしい眠気で朝どうしても体が動かせない時、会社に行くべきですか?

(匿名年齢性別不詳)

まず、何のために働いているのかってことだと思います。僕だってこういう仕事をしているとほとんど寝ることもできずに次の現場に向かうこともあるけど、行きたくないって思ったことはない。もちろん寝てたい、休みたい。でも行きたい。そんなわがままな状況なんだったら、行っても良いと思う。でももし仕事がそういうことではないなら、いや仕事じゃなくても、学校でも習い事でもデートでも、行かなくてよいのでは。
人間は幸福を追求するために、生きていると思ってます。

人生、仕事、恋愛、くだらない質問まで、どんなことでも相談にのります。
質問は、twitter:@smith0204へ、性別年齢ハンドルネームをそえて、お願いします。是非。


【関連記事】

PROFILE

スミス_slide_resize

スミス

武蔵野美術大学卒業後、竹内芸能企画にてミュージックビデオの第一人者である竹内鉄郎に師事。
2000年から演出家として活動し、映像に特化したアーティストを独自の表現で撮り続けてきた。
情熱的なパーティーチューンを得意としながらも、静謐で奇妙な作品も支持されており、動と静の作風を併せ持つ。
近年では、でんぱ組.incの夢眠ねむとの映像ユニット“スミネム”を結成し、活動の幅を広げている。 コレオグラファーとしても活動中。

Web:smith0204.com
Twitter:https://twitter.com/smith0204

RELATED

FEATURED

TREND

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved