CONTENT

映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.13】スミス、「ジャンル」についてかんがえた

Share
Tweet
Share
Email
映像演出家・スミスの人生相談【きょうもスミスがかんがえた Vol.13】スミス、「ジャンル」についてかんがえた

こんにちは。映像演出家スミスです。

長めの海外ロケから戻り、日本の冬を堪能している毎日です。昔から冬が好きでした。寒いと目が覚めやすいし、外と室内の区別がはっきりしている。夜も長いし、セミがいないぶん、静か。あまり好きな理由にはなってないですね。まあ、総合的に冬が好きです。

今年で演出家になって、18年。長いことは特に自慢にはならないが、なんとか続けてこられたことに喜びはある。とにかく「次」何か作って良いのだから。そんなこんなで、今まで関わってきた映像の分野はなかなか多岐にわたっている。同じ演出でも役割はかなり違っていて、なかなか飽きないものだ。

まず出発点は、ミュージックビデオ。入った業界が音楽映像業界という比較的異端(?)な世界だったが、演出家に与えられた自由度は高く、いろんなチャレンジが許される恵まれた環境があった。楽曲という商品に映像をつけていく作業は、とても楽しく、今なお、その魅力は尽きない。原案、構成、編集など、映像作りに大事な要素のほとんどを自分でこなす立場になるので、思い通り感は、とてもある。
そしてそこから派生して生まれてきた仕事が、LIVE映像収録。ゼロから作り出すミュージックビデオとは違って、舞台で起きていることをどう切り取るか。舞台演出の意図、アーティスト本来の姿、現場の空気感がどうすれば伝わるのかを思考錯誤するのが、演出家の仕事だ。同時に10台以上のカメラで収録するので、細かいところよりも大きなイメージを各カメラマンに伝えて世界を作っていく。

さらにそれに付随して舞台演出映像。コンサートで作り上げたい世界観を補強するために、オープニング映像を作ったり、演奏中の背景に流れる映像を作ったり。「生」なステージと「録画」された映像のミックスは難しく、でも成功するとより観客にステージを楽しんでもらえるので、やりがいがある。現場にいると、直接観客の反応も見ることができるので、緊張するし、興奮する。

RELATED

TREND

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved