CONTENT

【MOVE FES. 2017】特別対談 – 武藤将胤(WITH ALS)とRAM RIDERが好奇心と情熱の眼差しで語る「アート×テクノロジーのこれから」

Share
Tweet
Share
Email
【MOVE FES. 2017】特別対談 – 武藤将胤(WITH ALS)とRAM RIDERが好奇心と情熱の眼差しで語る「アート×テクノロジーのこれから」

左:武藤将胤(WITH ALS) 右:RAM RIDER

いよいよ今週末9月9日(土)に開催を控えた「MOVE FES. 2017」。

MOVE FES.は、難病ALS(筋萎縮性側策硬化症)の啓発や治療・支援制度の向上のための活動を行うWITH ALSがプロデュースする音楽フェス。そしてそのWITH ALSを主宰するのが、自身もALS患者でありながらコミュニケーション・クリエイターとして、EYE VDJや電動車椅子のカーシェアサービス、ハンディ・キャップの有無に関わらずスタイリッシュに快適に着られるアパレルブラントのプロデュースなど、様々な活動を行い、本サイト上でもコラムを連載中の武藤将胤(むとうまさたね)その人である。
本サイトがスタートして以来、彼と度々会うようになり、その度に彼の内側から湧き出てくるエネルギーと行動力に驚かされるばかりだ。

今回はMOVE FES. 2017の開催に当たり、武藤がファンを公言し、同イベントにもメインDJとして2年連続出演し、同じく本サイトで連載を持つRAM RIDERを招いて対談を行った。
「テクノロジー×アート」の最先端を行く2人に、MOVE FES.についてはもちろん、テクノロジーとアートの今後の可能性について語ってもらった。2人の情熱と好奇心に心が動くのを感じた人は、ぜひMOVE FES. 2017に足を運んでほしい。

Interview&Text:Sam’s Up Photography:ともまつりか


“NO LIMIT, YOUR LIFE.”を体現する、EVE VDJという挑戦


――まずMOVE FES.について、コンセプトや開催に至った経緯を簡単に教えて頂けますか?

武藤将胤(むとうまさたね、以下武藤):MOVE FES.は、“NO LIMIT, YOUR LIFE.”というスローガンで様々なジャンルの意志あるアーティストの皆さんと一緒に、ALSの啓発を目的に開催をしている音楽フェスです。去年は、僕自身もALSと闘病しながら、そのスローガンを体現するべく、目の動きだけでDJ・VJをする「EYE VDJ(※1)」に世界で初めて挑戦しました。実は30分以上1音目が出なくて、心臓バクバクだったんですけど、最近はようやく上手くコントロールが出来るようにまでなってきました。

※1 眼鏡ブランドJINSが開発した眼鏡型デバイス“JINS-MEME(ジンズ・ミーム)”を活用したアプリケーションを用いることで、眼球の動きによってDJ・VJの操作を行う手法。(参考記事:【NO LIMIT, YOUR LIFE. Vol.2】目の動きでDJ/VJをプレイする世界初の『EYE VDJ』としての挑戦

RAM RIDER(以下RAM):最初に音が出た瞬間は本当に鳥肌が立ちました。音が出るまで会場全体が見守っているような状況だったんですけど、はじまった後の盛り上がりがすごくて。

武藤:内心死ぬかと思いましたね(笑)。

RAM:あれは本当にかっこよかったです。

武藤:EYE VDJは、この一年を通してチームの皆さんと一緒に改良を繰り返して来たので、今年もまたプレイさせて頂く予定です。

<MOVE FES. 2016 WITH ALS>

――ALSの啓発として音楽フェスという形を選ばれたのはどうしてですか?

武藤:僕がALSという病気を発症した翌年に「アイスバケツチャレンジ」というSNSのキャンペーンがすごく拡がったんですね。それでALSという病気のキーワードが拡がって、多額の寄付が集まったりして。そういう意味では素晴らしいキャンペーンだったんですが、まだまだALSという病気がどういった病気なのか、その症状の理解まではなかなか浸透していないなっていう感覚がずっとありました。「具体的な症状も含めてもっと皆さんに理解して頂けるような手段が何かないか」と考えたときに、僕が昔からずっと好きな音楽を通して発信出来ないかと思ったんですね。
“NO LIMIT, YOUR LIFE.”っていうメッセージをアーティストの皆さんと一緒に発信することで、すごく強いメッセージになるんじゃないか、そしてもっとALSという病気を知って頂くきっかけになるんじゃないかと思って音楽っていうシーンを選びました。ALSになってしまうと手足で楽器を弾くこともできないですし、声を出して歌うこともできないですし、そういった症状も含めて知ってもらえたらいいなと思っています。

武藤将胤

 

――RAMさんは去年参加されていかがでしたか?

RAM:僕もアイスバケツチャレンジの運動でALSというキーワードは知っていたんですけど、そこから詳しく知ることはなかったので、去年のイベントに出演したことで自分も広く理解するきっかけになりました。だからすごく良かったと思うんですけど、そもそもこのイベントがALSのことをあんまり前に押し出さないで「純粋に音楽を楽しむ」っていうスタンスで、あまり啓発とかお説教染みた内容ではなくて「あくまで音楽フェスとして成立している」っていうところが僕は好きで。
僕ALSっていうのはある日急にかかって“病気”っていう状態になるものだと思ってたんですけど、段々筋力が弱っていく病気なんだということとか、それでも目の動きは残るっていうことをこのEYE VDJというスタイルを見て知ることが出来て、すごく参加して良かったです。来てくれた僕のファンの方もそういうことをブログに書いてくれたり、Twitterで感想を書いてくれたり、外に向かってアウトプットしてくれて、そういうこともすごく嬉しかったですね。

――RAMさんは武藤さんの活動やWITH ALSの活動はどういう風にご覧になってますか?

RAM:「ALSのことを少しでも多くの方に知ってもらいたい」というのはもちろん使命感としてあるんですけど、正直僕自身は、武藤さんのやられているテクノロジーを使った音楽表現とかアート表現の方にとても興味があります。自分がDJをするときに、何を見ていてどういうパラメーターを動かすかっていうのは理解しているので、合流して一緒に開発に参加したいくらい、目の動きだけで音や映像をコントロール出来るっていうことにすごく興味がありますね。

武藤:有難いですね。ありがとうございます。

RAM:だから社会的意義っていうのもあるんですけど、彼の表現活動とかアートに対する興味がすごくあるっていうところですかね。今年もすごく楽しみです。

RAM RIDER

アートとテクノロジーの融合

――アートとテクノロジーの融合という意味でもEYE VDJというのは新しい技術ですし、この間色なことに活用出来る可能性があるっていうことをこの間武藤さんからうかがっていたんですけど、今気になっている技術や注目しているアートなどがあれば教えてください。

武藤:僕の場合は、「ハンディ・キャップを抱えた方にも活用出来るテクノロジー」という視点でずっと探していまして、キーワードとして「ボーダレスなテクノロジー」にすごくこだわっています。テクノロジーの力を使うことで、健常者・障害者の垣根を超える技術というのをずっと探していますね。特に、ALSの患者さんは比較的目の動きは残ると言われているので、視線入力装置系は日々探していて、視線の動きだけで僕がDJ・VJをやっているように、目の動きでどこまでアート表現が出来るんだろうっていうところにすごく興味関心があります。
実は僕がALSになった時って、視線入力系の装置は安いものでも30万円以上するものが一般的だったんですけど、それから4年ほど経って、今視線入力装置って2万円くらいで買えるようになったんですよ。

RAM:随分安くなりましたよね。

武藤:本当にこの4年で一気に金額も技術も進化したなという印象があります。ゲームのマーケットでも視線入力装置が活用され始めていて一気にマーケットが拡がったので、今面白いものが色々出て来てるんですよね。

武藤将胤×RAM RIDER

RAM:僕は、最近読んだ本の中に、「オリンピックがあと何大会かするとパラリンピックで義足を付けている人たちの記録が健常者の記録を抜くんじゃないか」っていう記述があって、もはや(障害は)ハンディ・キャップではなくなるんじゃないかと思っていて。「どこまでが人間の身体なのか」っていう境界線はどんどん曖昧になっていって、「早く走りたい人は早く走れるようにすればいい」っていう世の中が来るんじゃないかって思ってます。だからそういう意味で僕は、(ハンディ・キャップを持っている人を)そこに先行投資している人達っていう見方で見ていて、あんまり可哀そうな人達っていう見方はしていないんですよね。いずれそういう人達が重い荷物を持つような仕事を普通にしたりする世の中になるんだろうなと思っているので、それがいつ来るのかっていうのはすごい楽しみです。
あともうひとつは、視線入力装置だけじゃなくて、脳波だけで全部コントロール出来るようになる時代っていうのは確実に来ると思うので、この辺に(後頭部を指しながら)ぷすって指したら普通に散歩出来るみたいな(笑)。そういう時代が来たら面白いなって。

武藤:そうですね。

RAM:僕は割と科学的な好奇心が強くて、SFも好きですし、でももうそのSFの世界が割と手の届くところに来ているなと思っていて、だから期待している分野ではありますね。

――そういう意味では、昨年のMOVE FES.の時にEVE VDJをご覧になって、同じDJとしてどうでしたか?

RAM:そうですね、僕は「ALSの人がこんなに頑張ってる」とかっていうことよりも、「あぁここもっと音楽的にこういう風にやったら繋ぎ滑らかになるのに」とか中身の方に集中してしまったので、すごくフラットな視点で見ていました。「もっとかっこいいDJするためにはこのデバイスをどう使えばいいんだろう」とか、そういうことを一緒に考えたり、チームに入れてもらえるような動きがあったら嬉しいなって思いながら見てましたね。

武藤:僕も実は、ただDJをやる挑戦というより、「ちゃんとエンターテインメントとして成立させたい」っていう想いが強かったので、終わった瞬間に「絶対次はもっとかっこよくやろう」って、絶対そこまで持って行こうっていう想いがあって。それでこの一年は本当にあちこち周って、だいぶ精度としても上がってきたんじゃないかなという風に思います。
今年は3月にアメリカ・オースティンのSXSWに行って来まして、そうしたら海外の方からもすごい反響があって、「お前めちゃくちゃクレイジーだな」って。

RAM:あはは

武藤:でもそれが一番の自分にとっては誉め言葉で、「あぁもっともっと頑張ってやっていこう」って思いましたね。実はこの一年で、EYE VDJの精度を上げるっていうことがもう一つの意味を僕の中では持っているんです。このシステムの精度が高くなればALSの患者さんにも日常生活の中で使ってもらえるようになるなって思いまして、アプリケーションの開発をチームのメンバーでずっと同時に行っていて、今ではこの眼鏡だけで照明をコントロールしたり、リモコンでエアコン消したり、スマホのカメラのシャッターを瞬きで切ったり、眼球の動きだけで色んな電子機器をコントロール出来るようになりました。今年の秋以降にようやく一般公開する予定なんです。

武藤将胤

RAM:そもそもDJとかVJっていうもの自体がすごく微妙な手の動きっていうのが必要なものなので、それが出来るようになればそうやって色んな技術に応用できるっていうのは当然だと思いますし、本当いつ億万長者になっちゃうんだろうなって、近くにいたいなって思ってます(笑)。こういう事業として成功したらすごく夢があるし、楽しみにしてます。

――そうですね。

武藤:億万長者になりたいところではあるんですけど(笑)、でも実はこのアプリは無償で世界中・日本中のエンジニアさんに全部ソースを公開してるんですよ。

RAM:あぁ、オープンソースで。

武藤:そうなんですよ、オープンイノベーションっていう考え方で、このソースをみんなに無償で使ってもらって、アプリケーションの機能がどんどん増えていくことが結果的に色んな方の役に立てるんじゃないかなと思ったんですよね。

RAM:スピード最優先てことですよね。多くの方になるべく早く届くように。

武藤:そうですね。

RAM:ちょっと恥ずかしいです、億万長者とか言っちゃって(笑)。

武藤:いやいや億万長者になりたいですけどね(笑)。最近は、Spotifyも瞬きで次の曲を再生したり、視線の動きで次の曲に変えたりっていうことが出来るようになりましたね。これは本当にEYE VDJからヒントを得ているんですけど。

RAM:フリックとクリックが出来れば基本的にスマホは大体使えるっていうことですよね。iPhoneとかiPadとか。

武藤:そうなんですよ、仰る通りで。視線の左右の動きがフリックの動きで、瞬きが決定、クリックのムーブですね。

みんなが活用出来るテクノロジーの技術をいち早く見つけて活用出来るサービスを作りたい(武藤)

――MOVE FESは「明日へのきっかけを作る音楽フェス」ということなんですけど、今後お二人が挑戦したいことを教えて頂けますか。

武藤:僕の場合は「テクノロジー×コミュニケーション」っていうのがずっとテーマなんですね。特にALSっていう病気は患者さんの多くは60代、70代と比較的高齢の方が多いので、僕みたいな若い患者は本当に稀ですごく少ないんですよ。でも僕らみたいな若い患者の方がテクノロジーへの感度は絶対に高いと思うので、みんなが活用出来るテクノロジーの技術っていうのをいち早く見つけて、活用出来るサービスをどんどん作っていきたいなって思ってます。
僕らが今取り組んでいることとしては、視線入力装置の開発以外にも、WHILL(ウィル)っていうパーソナル・モビリティ、平たく言うと次世代型の電動車椅子っていうかっこいい乗り物があって、そのカーシェアを始めました。僕今30なので、介護保険が適用されないんです。なので電動車椅子を買うのも借りるのも大変なんですね。クラウドファンディングで資金調達をして、必要な人にカーシェアを行っています。あとは今ロボットにも注目していて、分身ロボットの「OriHime」っていうロボットがあるんですが、そのロボットを通じて遠隔でテレワークすること、お仕事をしていくこともどんどん推進していきたいなという風に思っていて、仲間のロボットクリエイターとプロジェクトを進めています。

――遠隔操作で仕事を。

武藤:一カ月前くらいまで一週間ほど入院をしていたんですが、病院のベッドの上から、群馬の中学校に繋いで、群馬の中学校にロボットを僕の分身代わりに設置をして、そのロボットを通じて、学生の皆さんとバリアフリーのデザイン、アイディアを考えるっていう授業をずっと行っていたんですね。そういう技術があれば、場所は関係ないし、身体がどういう状態になったとしても、働いたり自分の表現が出来る可能性はどんどん拡がっていくと思うので、そういうテクノロジーを活用した新しいイノベーション・施策を生み出していきたいなって思ってます。

<「働くTECH LAB」ロボットテレワークプロジェクト>

――RAMさんはいかがですか?

RAM:そうですね、僕基本的に常に世の中は良くなっていってると信じているので、絶対に10年前、20年前よりも人が生きやすい世の中になっていると思うんです。そしてそれはテクノロジーの力に寄るところも大きいと思うので、これから起こる新しい技術に関しても積極的に早め早めに受けて入れていきたいと思ってます。
最近だと電子マネーとか。僕は「もう現金やめよう」と言ってるんですけど、「新しいものは怖くないよ」っていうことを出来るだけ周りの人からでも広めていきたいです。苦しい思いをすることが努力とか結果に繋がるっていうことではなくて、みんなで楽できることは楽して、頭を使うことに集中出来る社会になっていったらいいなと思っていて、そういうことに関しては積極的に発言をしていきたいなと思っています。

 

「自分自身これからどうより良い人生を歩んでいくのか」

――今年のMOVE FES.はどんな日になりそうですか?

武藤:今年は、メインDJとして去年からずっと関わって下さっているRAM RIDERさんをはじめ、ジャズやJ-POP、ロック、EDM、色んなアーティストさんが集まってくれていて、実はアーティストさんの中にはこのフェスのためにイメージ楽曲を作ってくれたりとか、一緒にまたタイアップを僕とすることで新しい曲を作らせて頂いたりとか、本当に特別な思いを持って皆さん参加してくださっているので本当に有難いですね。そういうアーティストさんのライブを見て、お客さんも“NO LIMIT, YOUR LIFE.”というメッセージを受け取って、少しでも行動のきっかけになればなっていう風に思ってますね。
さっきRAMさんも仰ってくれてましたが、「ALSというのは残酷な病気で、悲しんでくれ」っていうことに本質的にあんまり意味はないと思っていて、ALSっていう病気を知ったこと、このフェスに来てくれたことをきっかけに「自分自身これからどうより良い人生を歩んでいくのか」っていうことを考えていく方が僕は意味があると思っているんですよね。なのでそういうちょっと前向きになるようなポジティブなフェスにしたいなと思ってます。

武藤将胤×RAM RIDER

――RAMさん今年のフェスに向けて何か意気込みなどありますか。

RAM:そうですね。やっぱりテクノロジーっていうのは要素として必ず入ってくるので、僕は最近海外とかだとレーザーを全部リアルタイムでコントロールするっていうセットをやってるんですけど、出来たらそのレーザーを全部持ち込んで、MOVE FES.で披露出来たら…

武藤:すごい!

RAM:ただセットチェンジがものすごく大変なので、ちょっと相談してもしやらせてもらえるんであればぜひやってみたいなと思ってます。

武藤:めちゃくちゃ見たいです。RAMさんは前々からレーザーは取り組んでらっしゃいますもんね。

RAM:すごいやつやりますんで。オールスタッフを集めてやれるように一回掛け合ってみます。

――それはとても楽しみです。では最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

武藤:このMOVE FES. 2017、本当に素晴らしい意志あるアーティストの皆様がジャンル問わず集まって下さっているので、当日“NO LIMIT, YOUR LIFE.”っていうメッセージを色んな角度から受け取って頂けるんじゃないかなって思ってます。少しでも来てくれた方の明日へのムーブのきっかけになったらなという風に思っているので、ぜひ遊びに来て頂けたらと思います。

RAM:僕はいちミュージシャン・DJとして参加するので一人でも多くの方に来てもらって、盛り上がる良いパーティーに出来ればというのがまず一義です。そしてそこから何を持って帰ってもらえるかは来てくれた方次第だし、武藤さんのパフォーマンス次第だと思うのでそこに期待しつつ、自分はあくまでミュージシャンとしてしっかりやるので、ぜひ沢山の方に来てほしいです。

武藤将胤×RAM RIDER

EVENT INFO

MOVE FES. 2017 〜NO LIMIT, YOUR LIFE.〜

■日程:2017年9月9日(土)
■会場:WOMB[東京都渋谷区円山町2-16]
■時間:OPEN 12:30 / START 13:00 / END 19:00
■出演:eNBAND(KURO, HOZE, Atsushi, YSD) / 桑原あい / RAM RIDER / EYE VDJ Masatane Muto / REALHEART'S / SHUHARIHITO / Response / Marcello Jonno / いつみ /…and more
■料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500 ※別途1ドリンク代¥500
・チケット購入はこちらから→ http://movefes2017.peatix.com
チケット収益の一部は一般社団法人WITH ALSに寄付されます。
■お問い合わせ:move.fes@gmail.com

PROFILE

mutomasatane_Asha

武藤 将胤(むとう まさたね)

一般社団法人WITH ALS 代表、コミュニケーションクリエイター、EYE VDJ 。 J-WAVE 「WITH」ラジオパーソナリティー。
1986年LA生まれ、東京育ち。
(株)博報堂/博報堂DYメディアパートナーズで「メディア×クリエイティブ」を武器に、様々なクライアントのコミュニケーション・マーケティングプラン立案や新規事業・コンテンツ開発に従事。
2013年に難病ALSを発症。現在は、ALSと闘病を続けながら、一般社団法人WITH ALSで、コミュニケーションとテクノロジーの両軸で、ALSやハンディキャップ者への支援を目的に企画・イノベーション創出に挑戦。

WITH ALSオフィシャルサイト http://withals.com/ WITH ALS
Facebookページ https://www.facebook.com/project.withals/
オンラインサロン「WITH ALS 武藤将胤「生きる挑戦」共に未来を創る仲間たちへ」 https://synapse.am/contents/monthly/withals

PROFILE

ramrider_Asha&Header

RAM RIDER

96年にダンスミュージックやJ‐POPのブートリミックスの制作を開始、自主レーベルからリリースした作品が一部で話題となり、数多くのトップアーティスト達のリミックスを手がける。
2000年代からはDJ、リミキサー、アレンジャーとしての経験を活かし楽曲提供や作詞、編曲、プロデュースへの道を進み、2004年自らもヴォーカルをとる形でデビュー。
スマッシュヒットとなった1st Album「PORTABLE DISCO」、ソロボーカルと豪華ゲスト参加の2枚同時という形でリリースされた「AUDIO GALAXY」などオリジナルアルバム3枚に加え、シングル6枚、リミックスアルバム2枚をリリースしている。
現在は自身のリリース、ライブ、DJと並行しソロシンガーからバンド、アイドルと数多くのアーティストのプロデュース、TV、舞台への楽曲提供、雑誌での執筆など活動の幅を広げている。

WEB:http://ramrider.com/
Twitter:https://twitter.com/RAM_RIDER

RELATED

FEATURED

TREND

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved