Nozomi Nobody対談連載【Origin Vol.4】「自然とともに紡がれていく絵の旅」絵描き・近藤康平のこれまでとこれから

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
近藤康平

 

念願叶って近藤さんとライブでご一緒したのは今年の4月のことだった。MCで、「近藤さんの絵はライブの最後に完成するんじゃなくて、常にその瞬間が完成形だから、ぜひ絵を見ながら聴いてください」と言ったのをよく覚えてる。近藤さんのスタイルは独特で、「こんなライブペインティング見たことない」とみんなに言われるらしい。初めて見たとき、漏れなく私もそう思った。ダイナミックに紡がれていく幾つもの物語。あぁこれが“ライブ”ペインティングだ、と思った。

近藤さんが29歳で絵を描き始めてから12年目になる今年、代田橋のCHUBBYで9回目となる個展『絵の旅に』がスタート。取材は個展初日の朝、オープン前のCHUBBYにて。優しい口調と眼差しで語られた近藤さんのこれまでとこれからと。
キャンパスに落とされた絵の具のように、流れ流れて続いていく近藤さんの絵の旅はこれからどんな物語を描いていくのか。

Interview&Text:Nozomi Nobody Photo:奥田侑史 / Nozomi Nobody 取材協力:CHUBBY


 

近藤康平 個展「絵の旅に」
近藤康平 個展「絵の旅に」

<『circle of 3 colors』@東京 代田橋chubby [ 樽木栄一郎/近藤康平/宮川剛 ]>


6時半に起きて10時に眠る生活

Nozomi Nobody(以下Nozomi):近藤さんって今どちらに住んでらっしゃるんでしたっけ。

近藤康平(以下近藤):茨城の取手っていうところ。

Nozomi:茨城か。都心までどれくらいですか?

近藤:大体2時間くらいかな。家から駅まで20分で、常磐線に乗って上野まで行って、で、山手線乗って。

Nozomi:ずっと取手なんですか?出身も茨城ですよね。

近藤:高校まで取手にいて、大学は鳥取大学っていうところに行って6年間勉強して、それから東京の亀有に引っ越して。取手に戻ったのは4年前かな。

Nozomi:ブログか何かで写真を見たんですけど、本当に何もないところですよね。

近藤:そうそうそう(笑)。特に僕が暮らす周辺は自然だけ。利根川と小貝川って川が流れてて、それがぶつかるところ辺りなんだけど、本当「自然!」って感じ。いつも小貝川散歩して、写真アップしてる。夕焼けの写真は主にそれ。

近藤さんが散歩中に撮った写真

 

Nozomi:毎日どういう生活なんですか?

近藤:毎日ね、父さんと二人暮らしだから、父さんの朝ごはんの時間に合せて6時半くらいに起きるのかな。朝ご飯作って、一緒に食べて、そのあと洗濯とかして、大体9時くらいから制作始めるでしょ。で、12時に父さんの食事があって、また1時から制作の時間があって、3時とか4時くらいから散歩の時間で。2~3時間くらいぼーっと歩いたり自転車乗ったり、晩ごはんの買い出しも済ませて、7時に晩ごはん始まって、そのあといつも父さんとの時間を取ってて、一緒にテレビ見るのね。野球あるときは野球見て……月曜日はさ、「鶴瓶の家族に乾杯」ってあるでしょ?あれ好きで見て。

Nozomi:わーいいですね、就寝は何時くらいなんですか?

近藤:あんまり忙しくないときは10時くらいかな。健康的だよね。

Nozomi:じゃぁ結構ルーティンというか、「この時間からこの時間に作って」っていうのが割と決まってるんですね。

近藤:そう。結構決めてやる方が好きなんだよね。リズムが生まれるから。やっぱ忙しいときは深夜になっちゃうんだけど。

Nozomi:日々日々描いてる?

近藤:毎日描いてる。

Nozomi:それって割と目的がなくても描いてるんですか?

近藤:今は個展があるから、まず個展の(ための作品を)描くのがあるでしょ。あと依頼もの描くのがあるのと、あと自由に何か、発表するわけじゃないけど描くのもあるよね。ちょっと遊びっていうか。そういうの(ギターを弾くフリをしながら)作るでしょ?

Nozomi:あぁ、そうですね。

近藤:あとは誰かの絵を見て「どうやって描くんだろう」とか、昔の絵見て「あぁこの構図覚えとこう」とか…練習に近いのかな。そういう絵も描く。だから絵描いてない日は多分ないんだよ。

近藤康平

 

「君は就職活動は一切しなくてよろしい」

Nozomi:29歳で絵を描き始めるまでは何してたんですか?

近藤:元々大学院で森林の勉強してて、先生が変わった人で「君は就職活動は一切しなくてよろしい」って言われて、「え、何でですか!?」って(笑)。でも「いいんです、いいんです、一生懸命論文を書き上げることが大事なんです」って言われて、まぁ就職活動しないからその後就職先は多分ないんだけど(笑)。

Nozomi:あはは

近藤:一生懸命論文書いたら何かにはなれるはずだって先生は言ってて。

Nozomi:それは、誰にでもじゃなくて近藤さんだからそう言ってたんですか?

近藤:そうそう、僕の性格見て「近藤君は両方っていうよりは、ひとつまず集中してやった方がいいですよ」って言われて、僕もその先生好きだったから、「あ、そんなもんですかね~」って。

Nozomi:そうなんだ(笑)。

近藤:だから論文は一生懸命書いたけど、就職先がなかったんだよね。大学院卒業して、「どうしよう」ってなって、とりあえず東京の街でも歩いてみようと思って。表参道歩いてちょっと裏道入ったところに絵本の専門店があるんだけど、絵本しか売ってない本屋で、それも結構大きくて。「絵本しか売ってない本屋あるんだ」ってびっくりして、そしたら次の日新聞に求人募集が出てて、「おお、すごいタイミング」と思って応募したら採用されて…。だからしばらくは絵本の書店員をやってたんだよね。

Nozomi:あ、そうなんだ。絵本。

近藤:で、その途中で29歳で何となく描き始めたんだよね。絵本描くってわけじゃないけど、絵描いてみようと思って描いてみて。だからしばらくは書店員やりながら絵描いてた。ただ描いてたっていうだけで、別に絵描きになろうって思ってなかったから、そのあと絵本の編集者にもなってるんだよね。32歳で転職して。

Nozomi:そうなんですか。知らなかった。

近藤:うん。意外と絵本業界に長くいて、編集者も36歳までやってるのかな。で、そっからは絵描き。29歳で描いてるけど、絵で生活するようになったのは36歳から。

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved