タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.6】×西槇太一 [後編] マネージャーからカメラマンへと意外過ぎる転身を果たした4年間

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
(左から)西槇太一、タイラダイスケ

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。
第6回目となる今回はカメラマン西槇太一さんのお話を聞いた。
前編では西槇さんの音楽遍歴からバンドマン時代、そしてマネージャー時代の話を中心に聞いた。いよいよ後編では現在のカメラマン西槇太一がどのようにして生まれていったのか、充実感を得ていたマネージャーという仕事を辞めて、カメラマンという職業を目指すことになった背景を聞く。
普通ではなかなか考えられないような意外過ぎる転身はどのように実現したのだろうか。

Interview & Text:タイラダイスケ(FREE THROW)Photo:ともまつりか


 

大きな決断の背中を押してくれた奥さんの一言

タイラダイスケ(以下タイラ):前編では西槇さんのバンドマン時代の話とマネージャー時代の話を中心にお伺いしたのですが、後編では今の西槇さんに通じるカメラマンになる時のお話も聞かせてください。マネージャーっていう仕事は大変なこともありつつ、充実感もありつつっていう話でしたが、そのマネージャーという仕事を辞めようと思ったのは何かきっかけがあったんですか?

西槇太一(以下西槇):なんか、今後この音楽業界で自分がマネージャーとして50歳、60歳までやってくビジョンが見えないなあっていうのがちょっとあって。

タイラ:それは体力的なこととか?

西槇:うーん、もう単純に想像が出来ないなぁっていうのがあったんですよね。アーティストが音楽活動を何かしらの理由で続けられなくなる可能性もある訳で。だからずっとは出来ないかも?と思った時に、手に職じゃないけど、なにか持ってないとやっぱ食べていけなくなるんじゃないのかなって思って。

タイラ:ちょっと余談ですけど、33歳の時にはもうご結婚されてますよね?

西槇:結婚していて、子供も1歳半とか1歳ちょっとぐらい。

タイラ:じゃあマネージャーの仕事を辞めるっていうのは、家庭の状況的にも大きい決断ですよね?自分だけの体じゃないというか。

西槇:いやもうなかなか…だからね…狂ってますよね(笑)。でもそう思ったその日に社長に話しをして。

タイラ:その日に!?

西槇:社長と元々別件で話す予定があったんですが、ぽろっと「実は…」みたいな話しをして。でもその時点では家族にちゃんと言ってなかったし、色んな人にも相談したいから「ちょっと一週間時間もらっても良いですか?」って。実は次の仕事は写真で行こうっていうのは何となく決めていて、カメラマンになるっていう前提で色んな人と話しをしたんです。奥さんだったり、マネジメント時代にお世話になった人だったり、知り合いのカメラマンだったりとかに相談をするっていう一週間。

タイラ:「僕、これからカメラマンになろうと思ってるんですけど、どう思いますか?」って相談をしていくわけですよね?皆さんどういう反応でしたか?

西槇:みんな「はぁ!?」っていう感じで(笑)。でもほとんどの人が「やりたいなら今はチャレンジするべきだ。」と背中を押してくれたというか。それで本気でカメラマンをやりたいなら撮影スタジオにまずは入ったほうがいいんじゃないとアドバイスを受けたりしたんで、完全に標準がスタジオになっていって。

西槇太一
西槇太一

タイラ:奥さんの反応とかどうだったんですか?

西槇:奥さんに「マネージャーやめてカメラマンになろうと思っているんだけどどう思う?」って言ったら、「お金は私が稼ぐからいいよ」って本当に即答で言ってくれて。めっちゃいい妻(笑)。

タイラ:それはすごい奥さんですね!(笑)

西槇:だからそれで家に対してとか、家庭に対しての後ろめたさが全部なくなったから、もう真っすぐいけた。

タイラ:逆にそんなこと言われたら「死に物狂いで稼いで来なきゃやばい」ってなりますよね。

西槇:本当にそう。

タイラ:で、色々な人と話をして考えた1週間の後に社長さんにお話ししたんですか?

西槇:そうですね。辞めますって。

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

ワールドコア株式会社

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8

原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved