タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.11】×竹澤浩太郎(Wanna-Gonna)(前編)『「音楽」を長く続けるにはどうしたらいいか?から導き出される「生活」』

Share
Tweet
Share
Email

人生で初めて組んだバンド「Wanna- Gonna」

タイラ:じゃあずっと中学時代から仲良しで、コピーを経て、いよいよオリジナルをやるかっていう感じかな?

竹澤:そうですね。高1くらいでオリジナルが出来て。

タイラ:その時は、バンド名はもうWanna-Gonna?

竹澤:Wanna-Gonnaだったんですよね。

タイラ:じゃあもう人生で初めて組んだバンドがWanna-Gonnaなんだね。

竹澤:僕本当Wanna-Gonnaしかやった事がなくて。それもどうかな、って思う事もあるんですけど。

タイラ:いやいやいや。初ライブとかは?

竹澤:初ライブは文化祭で。

タイラ:高校の?

竹澤:中高一貫の学校だったので、文化祭も中高合同で、中3でも出られるんですよ。その時になんか恥ずかしかったのもあったんですけど、手応えがあったんですよね。多分まともな演奏ではなかったけど、「高校の人達よりも完成してるな」って思ったのはすごく覚えてますね。

タイラ:その初ライブをやった時に、「これ俺ら行けんじゃねえかな」みたいな気持ちがあった?

竹澤:そうですね。コピバンですけど、他の高校生よりはまとも感があったっていうか。

タイラ:じゃあそれがバンドやるモチベーションみたいなものにもなったりしたんだね。

竹澤:そうかもしれないですね。

タイラ:高校に入ってオリジナルを作って、外のライブハウスとかでもライブは結構やったの?

竹澤:学校が鶴見の方だったんですけど、鶴見TOP’Sっていうライブハウスがあって、何がキッカケか覚えてないんですけど、そこに行き出して、高1くらいからライブし始めて…高校生の時相当お客さん来てたんですよ。

タイラ:学校の友達とかが?

竹澤:そうです。

タイラ:あるよね、高校パワーね(笑)。

竹澤:で、男子校だったんで男子生徒と、女子高の子も来たりして、相乗効果で人が集まって。

タイラ:楽しそう、それ(笑)。

竹澤:そうなんですよ。僕ら目当てっていうかみんな何か楽しそうだから。

タイラ:なんかまぁ「遊び行こうぜ」っていう感じで。

竹澤:そうそう、みんな来るんですよね。学校も近いし、制服のまま。

タイラ:なるほどなるほど、いいねぇ。

竹澤:でも当時結構辛かったのは、チケット500円くらいにしてたんで、今思うとライブハウスに結構な額のお金を払ってたんですよね(笑)。

タイラ:あーなるほど。人はいっぱい来るけど、チケット代が安いから黒字にはならない。

竹澤:もう大赤字で、でも毎月の集客ランキングとかなぜか毎月1位で(笑)。友達がたくさん来てるから、お金はないけど、人は来るっていう(笑)。

タイラ:まぁ会場にしてみりゃね、「絶対また来月やりましょう」っていう感じになっちゃうっていう(笑)。それはブッキングライブみたいなものに出てたの?

竹澤:ブッキングで、他校のバンドだったり、インディーズバンドと出ていました。

タイラ:じゃあ高校3年間はもうバンドに明け暮れって感じ?

竹澤:そうですね。完全にバンドですね。

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved