タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.11】×竹澤浩太郎(Wanna-Gonna)(前編)『「音楽」を長く続けるにはどうしたらいいか?から導き出される「生活」』

Share
Tweet
Share
Email

<Wanna- Gonna – Terminal Shore(Fuji Rock Festival 2016 Rookie A Go Go)>

タイラ:バンドとしては色々状況が良くなっていったり、もちろんCDが出たり、作れたりとか、色んなライブハウスで良い対バンとかも増えてきて、っていうところで、大学も卒業の時期に差しかかるわけだよね?高校生の時もあった悩みだと思うけど、大学卒業するタイミングではみんなはどういう感じだったの?

竹澤:難しいですけど…まず最初に、自分はとりあえず音楽を長く続けるっていうにはどうしたらいいか?って事を考えて、親からの何となくのプレッシャーみたいなものもあったと思います。

タイラ:それはもちろんあるよね。

竹澤:僕以外のメンバーがどれくらいそういうことを考えていたのかはわからないんですけど、やっぱバンドやっておけば良かったなって後悔するよりは、仕事もバンドもどっちも出来るならどっちもやるっていうのが、その時の正解だったんですよね。

タイラ:大学院に行こうと思ったのは、どういう理由だったの?

竹澤:それは2つあって、まず1つは、まだ卒業したくなかったっていうのと、もう1つは、僕理系なんですけど、大学の1年から3年まで、単位をただ取るだけの授業だったのが、4年から研究室に入るんですね。そこでの面白さも見出しつつあったのかもしれません。全然音楽とは違うんですけど。

タイラ:ちょっとその分野も踏み込んでやってみたいなっていう気持ちもあったっていうことね。

竹澤:そうかもしれません。そういうのが初めて芽生えて、だから音楽だけをやるっていうのもひとつの選択肢だったんですけど、それ以外の所に歓びがあるっていうのも自分としてはすごく精神的に良かったんですよね。

タイラ:じゃあちょっと質問の角度が変わるんですけど、大学院に行く、でもメンバーの中では大学を卒業して就職したメンバーもいるよね。そうすると当然就職をしたメンバーの方が一足先に環境が大きく変わるっていう状況で、その時のバンドのバランスみたいなものとかってどうだったのかな?

竹澤:今思うとあんまりそんなに大きくは変わってなくて、前は水曜日に集まってたのが土日になるっていう。そこだけですかね。

タイラ:じゃあ週に1回集まろうねみたいな約束っていうのは、社会人になってもそんなに変わらなかった?

竹澤:それは変わらなかったと思います。

タイラ:「バンドどうする?」みたいな話はなかったの?俺ら働いちゃうけどバンドやれるかな?みたいな。

竹澤:あ、でもそれは本当になかった気がしますね。

タイラ:続けるのはもう当然の事っていう感じだった?

竹澤:そうですね。でも各々不安はあったと思うんですけどね。みんな多分、どんな形であれ絶対に続けたいっていうのがあったんですよ。だから続けるっていうことへの迷いはなくて。そういう話をメンバーでしなかったですね。

タイラ:不安だけどまぁやるっしょ、っていう。それはでもちょっと独特というか、幼馴染ならではみたいなところがあるのかもしれないね。長い時間をずっと一緒に過ごしてるから、何となく言わなくてもわかるみたいな。

竹澤:そうですね。みんなどう思ってたんだろう…?

タイラ:逆にね(笑)。

後編へ

PROFILE

wanna-gonna アー写

Wanna-Gonna

竹澤浩太郎(Vo.Gt)、奥津誌朗(Gt)、高山静迪(Ba)、小口健太郎(Key)、砂井慧(Dr)からなる5人組バンド。中学時代に結成。大学在学中に砂井が加入し、本格的な活動を開始。2016年3月に3曲入り自主制作盤「THREE」をリリース。フジロック2016ルーキーステージ出演。2017年7月に初全国流通盤7インチシングル「New Town」、9月に1stミニアルバム「In the Right Place」をリリース。2018年11月にはカセットシングル「それから」をリリース予定。
アメリカンルーツミュージックに敬意を表しつつ、現代の日本において、普遍的な音楽を鳴らすべく探究中。

<Official Website> http://wannagonnaband.main.jp/

PROFILE

タイラダイスケ(FREE THROW)

タイラダイスケ(FREE THROW)

DJ。
新進気鋭のバンドと創り上げるROCK DJ Partyの先駆け的な存在であるFREE THROWを主催。
DJ個人としても日本全国の小箱、大箱、野外フェスなど場所や環境を問わず、年間150本以上のペースで日本全国を飛び回る、日本で最も忙しいロックDJの一人。

レギュラーパーティー
毎月第二土曜日@新宿MARZ「FREE THROW」
毎月第四金曜日@渋谷OrganBar「Parade」
毎月第一&第三水曜日@赤羽Enab「Crab」

<Twitter> https://twitter.com/taira_daisuke
<FREE THROW> http://freethrowweb.com/

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved