CONTENT

【Interview】U.S.と日本のクラブの違いって? U.S.ツアーを経てDJ RSが今思うこと

Share
Tweet
Share
Email
【Interview】U.S.と日本のクラブの違いって? U.S.ツアーを経てDJ RSが今思うこと

DJ RS

“U.S.ツアー”、日本を拠点に活動するミュージシャンであれば1度は憧れるであろう。そんな憧れを自ら行動することで実現し、成功させたDJ RS。世界最大の音楽コンベンション『SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)』への出演を皮切りにスタートしたこのツアーを終えた彼女は今、何を思うのか。U.S.に止まらず過去にはロンドンを拠点に活動していた経験も持つ彼女だから見える世界と日本のクラブシーンの違いについて話しを聞いてみた。

Interview & Text:大久保貴央


やりたいことがあればその現地に行く。それが夢を叶える近道なんだと思う

<SXSW 2017にて>

RSのU.S.ツアーは3月10日~3月19日までの10日間開催された音楽・映画・ITの祭典『SXSW』よりスタートした。本祭典は「音楽」、「映画」、「インタラクティブ」、「コメディ」という大きく4ジャンルに分けられたセッションや展示、そしてライブイベント等をU.S.テキサス州オースティンの街中で行われるというもの。出演アーティストは498組、観客は約10万人という名実ともに世界最大級のフェスである。そんな世界最大級のフェスでツアーをスタートさせたRS。

「昨年、SXSWに遊びに来ていたんです。でも日を追うごとに”出演者として来たかったな”という気持ちが強くなっていったので、出演が決まった時は純粋に嬉しかったですね。でも出演者の数がすごいっていうことも知っていたので、感動とかそんな感じではなくて、もともと決まっていたU.S.ツアーのフックになったという感じでしたね。でも実際にプレイして最高でした。私がプレイした時間は23時ぐらいで、お客さんが夜に向けて一番走り出す時間だったこともあって会場は満員。とにかく盛り上がり、大盛況だったことを覚えてます。

印象的だったのはSXSWがいわゆる日本で体験してきた音楽フェスとは違ってオースティンの街全体がフェス会場になっていること。ライブハウスやクラブだけじゃなくて、どこに行っても1日中音が流れていて、全員が楽しんでましたね。KE$HA(ケシャ)が摂食障害についてのことスピーチしていたことも印象的でしたね。ライブではなくてスピーチ。こういうのも日本のフェスでは見られない、新鮮なことでしたね」

<NY『Bossa Nova Civic Club』にて>

<Baltimore『The Crown』にて>

ツアーはSXSWを入れて全部で5ギグ。この後、ボルチモアで2ギグ、NYで1ギグ、リッチモンドで1ギグと回った彼女。SXSWを抜くとNYのクラブ『Bossa Nova Civic Club』でのプレイが印象的だったという。

「日本でいうとモジュールのように知る人ぞ知る、本当に音楽が好きな人が集まってくるようなクラブなんです。昨年、NYに来た時に遊びにきたんですけど、OUTPUTなどの人気の大箱とかよりも、このクラブで絶対にやってみたいって思ったんです。ここで自分の実力を試してみたいなって。そのことをプロモーターに話していた訳ではないんですけど、決まったスケジュールを見たらこのクラブが決まっていたんです。セットも2時間ぐらいやらせてもらえました。これは今回のツアーで一番長いセットでしたね。だからすごく気合が入ったのを覚えています。

当日は、ツアーの中でも一番と言えるほどクラブはパンパンになるぐらい来場者が多かったんです。会場はスモークだらけで、真っ暗なんですけど、たまに指す光で時折見える観客が踊り狂っている様子には圧倒されましたね」

そもそも海外でのDJツアーは、実力や人気があるからといって、そう簡単にできるものではない。どのようにしてU.S.ツアーを行うことになったのか。彼女にその経緯を聞いてみた。

「去年、知り合いのバンドのU.S.ツアーに通訳として同行したことがあったんです。その時にNY、SF、LA、ボルチモア、そしてSXSWに行ったんです。その行く先行く先でいろんな人と知り合っていって、その時に今回ツアーを組んでくれたプロモーターにも出会ったんです。その人から”日本人のDJをツアーで呼びたいんだ”って連絡がきて、それから一気に話が進んだんです。時期がちょうど3月だったからSXSWに試しに出演の応募をしてみたんです。そしたら年末ぐらいに出演決定の連絡が気たんです。それでツアースケジュールをSXSWに合わせて組んでいったんです」

SXSWの出演の応募は誰でもできるものである。自身の音源はもちろん、ミュージシャンとしての経歴やプロフィール、さらに自分が出演することによりどのようなプロモーションができるのかが問われる。当然、偶然や運で決まるものではない。RSの実力があっての出演だ。

「このツアーを通して一番感じたことは、現場に行くっていうことの重要さだったなって思うんです。一度、お金も時間もしっかりかけて昨年現地に行ったからこそ繋がった人たちで、だから実現できたツアーだなって。やっぱりそう簡単にツアーとかはできないもの。出たいライブがあるなら、まずはその現場に行く。絶対に出たいって気持ちがあれば現地に行ってそこの人と話すし、話せば引き寄せるって思うんです。それが一番夢を叶える近道だなって。あとは自分の音源は常に持っておいた方がいいってこと。出会った人にいつでも聞かせられるように」

 

純粋に音楽が好きで踊りたい時に踊る。それが根付いてるU.S.のクラブは理想

RSはこのツアーでのプレイを「いつも通りの選曲で、日本でやっているようにプレイする」ということを徹底したという。それは自分が今までやって来たことが認められるのか。信じてきたスタイルが通用するのかというチャレンジでもあった。

「ロンドンに行った時に衝撃を受けたダブステップ。そこから一気にベースミュージックに目覚めて、2014年のフジロックでAgoria(アゴリア)のDJを聴いて知ったテクノ・ハウスのグルーブが持つ何時間も掛けてわかる”4つ打ちの美学”にガッツリ食らって。それを自分なりに研ぎ澄まして作ってきた今のスタイルが認められるのか試したかったんです。日本のクラブでは自信持ってプレイできてたけど、それはあくまでも日本人ばかりの中で。世界で出て通用するのかっていう不安があったんです。一回やってみないとなって思っていたのが今回実践できるタイミングだったんです。だからU.S.だからとか、NYだからとかそういうのは意識しないでやりましたね」

結果、どのクラブでも最高潮に盛り上がりツアーが大成功だった。

「すごく自信がつきました。特にSXSWでは世界中の人が集まっていて、しかもそれがテクノやベースミュージックを聴き慣れている人だけじゃなくて、バンド好きをはじめ普通に働いている人や主婦みたいな人なんかもいて。いろんな人種の人を躍らせられたなっていうを目の当たりにして、自分がやってきたことが証明されたという感じでした。自信が出たことによって視野も広くなりました。それに日本での見られ方とかも気にならなくなりましたね。マイペースに活動していく大切さを学べましたね」

確かな手応えと自信を得たU.S.ツアー。国柄や観客に一切媚びずに自分のプレイスタイルを突き通したRSだからこそ、得たモノなのであろう。そこには、日本、ロンドン、U.S.と大きく3つの国でDJとして音楽に、そして自分自身と向き合ってきた彼女の言葉には信念のような物さえ感じられた。

最後にRSに実際にU.S.でプレイして、日本との違いはあったのかを聞いてみた。今後僕らがどのようにシーンを楽しめばいいのか。そこに答えがあるような気がした。

「SXSWにしても、クラブにしても、U.S.のシーンには良い意味でも悪い意味でもルールがないんだなって思いましたね。みんな全力でその瞬間を楽しんでいる。日本のクラブだとオシャレな人は”別枠”っていうような認識が勝手に根付いてると思うんです。オシャレな人はオシャレな人って勝手にカテゴライズされているような気がするんです。でもNYで見たオーディエンスの人たちは、ファッション界隈の中心にいるような最先端のオシャレを全員がしていて、そういう人たちが汗だくでメイクとかも剥げながら、ガン踊りしているんです。

フェスにしても、日本だとフェス人口っていう言葉があるぐらい、行き慣れた人たちのモノっていうイメージがあるけど、向こう人は単純に音楽を楽しんでました。毎年、”フェスに行ってます”っていう人だけじゃなくて主婦やファミリーも自然に混ざっている。そこには良い意味でマナーなんてなくて。せっかくフェスに来たんだから、踊らないともったいないっていう感じとかそういうのは一切なくて。純粋に音楽が好きで踊りたい時に踊るっていう自由さに魅力を感じましたね。すごく理想だなって思いました。そういうシーンが育てば、お客さんも減らないのになって思いました」

好きなファッションをして、好きな音楽で好きなだけ踊る。RSがU.S.ツアーを通して感じてきたことは、そんなすごく単純なことだったのかもしれない。でもきっと自分の現状に満足して、日本という国の中で、ましてや自宅のPCの前で音楽と向き合っているだけでは気がつかなったことなのだろう。

今回インタビューを通して、自分の”やってみたい”っていう気持ちに素直に行動することが、いかに大切かを学んだ。RSはその”やってみたい”を実現するために、1年前にU.S.に足を運び、繋がりを作ってきたのだ。それが今回のU.S.ツアーに繋がった。わざわざ現場に足を運ぶ。そこには”運命を自分で引き寄せる”という意味があるのだ。出演者とか観客とか関係なく、現場に行くということに意味があるのだ。

「今回のツアーを通して思ったのは、最近ちょっと休んでいたパーティのオーガナイズを改めてしっかりやろうと思った。自分を呼んでくれたプロモーターの人のように、一緒にプレイをしたい人や会ってみたいアーティストは自分で呼んじゃおうって思ったんです。

あと自分が本格的に関わっていくビデオチュートリアルサイト『benben』を通して音楽作りの奥深さや魅力をしっかりと伝えられたらなって思います。普段絶対に見ることのできないような、プロフェッショナルなDJやプロデューサーの機材や作り方が見れるんです。初心者の方から中級~上級者の方まで、音楽制作を学びたい全ての方にとって非常に効率の良い学習ツールになっています。ちょっとでも興味があれば、ぜひ覗いてみてください」

 

PROFILE

profile

DJ RS (Blink Music)

幼少の頃からクラシック音楽に傾倒し、ピアノをはじめトロンボーンやバイオリン等の管弦楽に慣れ親しむ。東京外国語大学在籍中にクラブミュージックと出会い、2008年より本格的なDJ活動を開始。
2010年には単身渡英し、UKアンダーグラウンドの本場である東ロンドンで現在のスタイルへ繋がる大きな影響を受ける。現地でのDJ経験も生かし、同年6月には完全自主制作MIX CD"FEED MY POISON"をリリース。2014年9月には自主レーベルBlink Musicを立ち上げ、NT89 (FOOD MUSIC) のリミックスを含む"Blink Step EP"をリリース。また、同年11月にはDEXPISTOLS主催レーベルSUB TRAXより''727 EP''をリリース。以後、Blink Musicよりオリジナルトラックをコンスタントにリリースしつつ他アーティストの楽曲リミックスをも手がけている。また、ヨーロッパやアジアでのDJ出演等、その活動はワールドワイドに及ぶ。
2017年3月にはアメリカテキサス州オースティンで開催される世界最大の音楽フェスSXSWにも出演が決定し、同月にはUSツアーを敢行決定。
重低音を自由自在に操りフロアをコントロールしていくDJスタイルと、中毒性のあるサウンドが特徴のトラックメーカーとして唯一無二の存在感を放ち続けている。

SoundCloud:https://soundcloud.com/dj_rs
Twitter:@DJ_RS_
Facebook Page:https://www.facebook.com/djrs.artistpage

 

RELATED

FEATURED

TREND

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved