タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.13】×須田亮太(ナードマグネット)(前編) 過酷な「生活」から見出した純粋な「音楽」をやる事への喜び

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email

叔父さんからもらったボロボロのストラトとBLANKEY JET CITY

須田:中1の時に、カセットテープくれた叔父さんが、「亮太も中学に上がったから」という事で、ギターくれるんですよ。お下がりのすごいボロボロのストラト(※1)をくれるんです。それでギターを初めてそこで触るんですよね。でもまぁ、そんなにバンド…ロックが好きみたいな感じで意識してたっていうよりは、本当にJ-POPも大好きな中でラルクとかも好きやったりしたんで、もう何から弾いたらいいかわからへんってなって。だから一番最初にエレキで弾いた曲がゆずの曲やったりするんですよ(笑)。

※1 ストラトキャスター。ギターの代表的な機種の一つ。

タイラ:なるほどなるほど(笑)。じゃあJ-POPのトップチャートを聴いてく中で、もちろんバンドも好きだったけど、チャートに入っている曲は全部並列に「あぁこの曲いいな、この曲いいな」って特に分け隔てなく聴いてたって感じだったんですよね?

須田:そうですそうです。そこから、やっぱりラジオはずっと好きで、ラルクの番組も聴いてたし、その周辺のいろんな番組も聴いてたら、バンドがいっぱいかかるんで、だんだん意識して聴くようになって。ギターを持ったことによって、「あ、ロックバンドってこういうことか」みたいなのもありましたし。で、BLANKEY JET CITYとかが好きになったんですよ。

タイラ:俺も大好きです!

須田:中2くらいかな?「ブランキーが解散します」みたいなのが新聞一面広告でバーンと出たんですよね。「バンドが解散するのが一面広告になってる!すげぇ!」って。もちろんすごい話題になってたんで、ラジオでもブランキーはたくさんかかってたんですよ。そしたらやっぱ今まで聴いてきた音楽と全然ギターの音とかが違うし、「これがホンマにロックのギターの音か」みたいな。そこからだんだん「ロックバンド」みたいなのは意識するようになった感じですね。ギターをコピーしたりとか。

タイラ:じゃあやっぱり叔父さんがギターをくれたっていうのがだいぶデカかったかもしれないですね。物が実際にあるっていうところが。

須田:やっぱり自分で持つと、「どういう風に弾けるんやろ」とか気になってくるんで、ギターに注目して音楽を聴くようになったりとかはしました。

タイラ:なるほど。BLANKEY JET CITYは本当にかっこよかったっすよね。

須田:「SEA SIDE JET CITY」を一番最初に聴いたんですよ。あのイントロのギターで「なんだこれは!?」ってなって。

タイラ:俺、バンドとか全然やったことないんですけど、でもギターくらい触ってみたいなと思って、ベンジー赤いグレッチ持ってるじゃないですか。でもグレッチは高すぎて買えないと思って。よくわかんないけどグレッチに似てるギターでエピフォン買いましたね(笑)。

須田:あー(笑)!とりあえず穴空いてるし、みたいな。

タイラ:似てるからいける、みたいな(笑)。ブランキーとかを中学くらいで聴いて、初めてバンドを組んだのはいつですか?

須田:中学の時ですね。やっぱり中学生なんで、みんなやりたい曲とかバラバラやったんで、すごい変なバンドでしたね。コピーバンドやったんですけど。

タイラ:何をコピーしたんすか?

須田:ラルクと、Hi-STANDARDと、初期のちょっとパンクっぽい頃のDragon Ashの曲とか、ですね(笑)。みんなこう意見が食い違うから…。

タイラ:もう間を取って全部やろう!っていう(笑)。

須田:全部やろう!みたいな、そうそうそう(笑)。あれは中3の時かな?なんか文化祭チックなやつで、一応ちょっとステージでやってみる機会があったりもして。それが初ステージですね。

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved