タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.13】×須田亮太(ナードマグネット)(前編) 過酷な「生活」から見出した純粋な「音楽」をやる事への喜び

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email

大学の軽音学部での影響とナードマグネットの結成

タイラ:中学を卒業してから、高校も滋賀ですか?

須田:滋賀の高校でした。で、そこでは軽音楽部あったら絶対入りたいと思っていて、入ったんですけど、全然活発じゃなくて。なんかもう学校の爪弾き的な。しかもメンバーをちゃんと揃えてからじゃないと入部できないんですよ。メンバー募集とかそういう運営を部としてするのも面倒くさいのか、「勝手に組んで勝手にやっといて」みたいな感じだったんですよ。

タイラ:それはなかなか難しいですね。

須田:だから僕はもう必死で。弾く場所が欲しいから、ギャルバンにギター足りひんから入る、みたいな(笑)。

タイラ:ギャルバンなのに1人だけ男(笑)。その時はすっかりギター少年って感じだったんですか?

須田:そうですね、歌ってなかったですね。ギターばっかり。

タイラ:高校の時は結局そのサポートみたいなのじゃなくて、がっちりしたバンドは組めたんですか?

須田:いや、結局なんかもう、そういうのをサポートギターとして渡り歩いたみたいな感じで。でも、中学の時のメンバーともたまに集まってやってたりはしたんですよね。そこで初めて歌ったりして。

タイラ:その時もコピーバンドですか?

須田:そうですね。相変わらずそのメンバーの好みを雑多に詰め込んだような変なバンドをやってて。

タイラ:じゃあ中学校の時の延長線で。

須田:はい。で、だんだんみんな洋楽とか聴き出すんですよ。ただそれもバラバラなんですよ(笑)。Blink-182とRage Against the Machineを一緒にやるみたいな。もうでたらめなバンドなんですけど。

タイラ:それはやっぱりDragon Ashが好きな人とハイスタが好きな人がそのまま延長線で音楽を聴いていったっていう(笑)。

須田:The Strokesがそこに入ってきたりとか、もう意味わかんないバランス悪い感じで(笑)。

タイラ:もうなんか同じ機材で出来ないくらいな感じですよね(笑)。じゃあ、高校の時はちょっと歌い始めたりもしたけれど、オリジナルのバンドとかパーマネントのバンドとかを組めた訳ではなかったっていうことですよね。

須田:そうですね。その中学の時のメンバーと「ちょっとオリジナルもやって行こか」みたいな雰囲気になって、それで大学1年生の時になって初めてオリジナルの曲をやるようになって。それは僕歌ってたんです。
で、やってみたんですけど、なんかあんまり上手くいかなくて。大学の軽音は高校の時よりももうちょっとしっかりしてたんで、大学の軽音でやった方がちゃんと出来るんちゃうかっていう気持ちもあって。

タイラ:趣味がちゃんと合う人と組めるし?

須田:ですね。大学1年の時はそんな感じで、その中学の時の友達と一緒にやったり、軽音でコピーバンドをやったりとかっていうのをやってました。で、大学2年生の時に…1年の終わりくらいかな、当時の軽音楽部の部長やった間瀬さんって人がオリジナルのバンドをやってて、メチャクチャ凄かったんですよ。カルマセーキっていう、Fuji Rockのルーキーに1回出たバンドですね。すごいなんかもうオリジナリティの塊みたいな感じだったんですよ。僕その人にめっちゃ影響を受けてしまって。「こんなん凄いな、俺もオリジナルでこんなんやってみたいな」って。

<カルマセーキ -もぬけの殻>

須田:で、それが大学1年の終わりくらいやったんで、元々続いてた中学の友達とのバンドもなんか微妙な空気になってきたから、心機一転で大学でバンド始めようって思って、秀村と知子(※2)に声かけたんですよね。

※2 ナードマグネットメンバーの秀村拓哉(Dr)と前川知子(Ba + Cho)。

タイラ:そこで出会うんですね。

須田:そうなんですよ。2人はすでに部内にいたので。そこで最初3ピースでナードマグネットを始めて。

タイラ:じゃあ今のナードマグネットの原型みたいなものが出来たんですね。音楽性は当時から今みたいな感じだったんですか?

須田:全然違います。当時はもうなんか僕が…まぁ性格がめちゃくちゃ暗かったっていうのと、いろいろ雑多に音楽を聴きすぎてて、何やったらいいかわからん、みたいになってて。

タイラ:あれも好き、これも好きっていう。

須田:今までのコピーバンドの無茶苦茶さ加減から言ってもなんかもう、何したらいいんかっていうのが定まってなくて、だからもうすごいなんだろう…今よりも音楽的に暗かったっすね。なんかちょっとこう、オルタナ系に寄ってるというか、もうちょっとトゲトゲしてるというか。ギャーギャー叫ぶような感じの曲が多かったんですよね。それがしばらく続いてました。

タイラ:なるほどなるほど。そこからはライブハウスとかにも出始めるっていう感じですか?

須田:そうですね。そのくらい。3人の時に学祭とか出始めて、2年生の時に入ってきた1年の1個下の奴を誘って4人になったんですよ。そこから割としっかりライブハウスに出るようになったんですけど、なんかまぁ最初の方は音楽性もあんまり定まってないし、自分らのやりたい事もようわかってなかったのと、ちょっと出てたライブハウスでも刺激があんまりなくって。

タイラ:いいなと思えるバンドがいなかったって事ですか?

須田:あんまいなかったんですよね。今思えば「井の中の蛙状態」になってしまって。

タイラ:それこそカルマセーキみたいな凄いバンドを見ちゃってるから、ああいうバンドがライブハウスに行ったらゴロゴロいるのかと思ったら全然そんなことなかった、みたいな感じですか?

須田:そうそう(笑)。「あ、こんな感じかぁ」ってなって。こんな感じだったら俺ら行けるんちゃうん?みたいな変な自信がつくじゃないですか。僕らも全然良くないのに(笑)。だから、その変な自信のせいか、上手くいかない、噛み合わない時期がすごく長かったんですよ。とりあえずCDとか作ってみようかっていう話になって、大学在学中に1度アルバムとかも作ったんですけどね。まぁ本当に「仲間内だけでうけてる」みたいな感じではありましたね。

タイラ:ライブハウスに出て、「なんだかなぁー?」みたいな、今ちょっと優しい感じでしたけど、当時とかってもうちょっと「オラァ!」っていう感じでした?(笑)

須田:そうですね(笑)。

タイラ:「何でこの音楽わかんねぇんだ馬鹿野郎!」みたいな(笑)

須田:まぁ尖ってた…尖ってたっちゅうか、ひねくれてましたね、すごく。

<ナードマグネット – アフタースクール>
×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved