Weyes Blood(ワイズ・ブラッド)、4/5発売のニュー・アルバム『TITANIC RISING』より「Movies」のビデオを公開。PitchforkでBest New Track獲得。

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
タグ:

<Weyes Blood – Movies>

Father John Misty、Ariel Pink、Perfume Geniusらの楽曲への参加でも知られるWeyes Blood(ワイズ・ブラッド)ことNatalie Meringのニュー・アルバムが完成。
自身4枚目、Sub Popからは初となるアルバム『Titanic Rising』を2019年4月にリリースする。アルバムにはリード・シングル「Everyday」、1月に公開された「Andromeda」、ハイライトとなる「Movies」「Wild Time」「Something to Believe」等、計10曲が収録される。アルバム・カヴァーには水没したベッドルームの写真が使われ、CGは使用されていない。
3枚のアルバムと何年にも渡るツアーの集大成となる『Titanic Rising』は、2018年の前半に書かれレコーディングされた。「KinksミーツWWII」「Bob SegerミーツEnya」とNatalie Meringが語るこのアルバムはクラシック・ソングライティングとポスト・アポカリプス・フューチャイズムの境界線を乗り越えられる作品として仕上がった。

RELEASE INFO

WEYES BLOOD

『TITANIC RISING』

2019.04.05(Fri)on sale

PRICE:¥2,400 +tax
FORMAT:CD
PRODUCT NUMBER:OTCD-6738
LABEL:BIG NOTHING / ULTRA-VYBE

1. A Lot’s Gonna Change
2. Andromeda
3. Everyday
4. Something to Believe
5. Titanic Rising
6. Movies
7. Mirror Forever
8. Wild Time
9. Picture Me Better
10. Nearer to Thee
●世界同時発売、解説/歌詞/対訳付(予定)

 

PROFILE

Weyes Blood

Weyes Blood(ワイズ・ブラッド)

Weyes BloodことNatalie Meringはカリフォルニア州サンタモニカ出身のミュージシャンだ。音楽一家の中で育った彼女は、ゴスペルや聖歌隊で歌い始め、クラシックやルネッサンス期の音楽に強い影響受けた。そして、8才からギターを始めた。2011年、EP『The Outside Room』を自主リリース。2014年にはファースト・アルバム『The Innocents』、2016年にはセカンド・アルバム『Front Row Seat to Earth』をMexican Summerよりリリース。『Front Row Seat to Earth』はPitchforkでベスト・ニュー・アルバムに選ばれ、The Guardianで5/5を獲得するなど高い評価を得ている。また、他のアーティストへのコントリビューション多く、Ariel Pink、Perfume Genius、Kirin J Callinan、Father John Misty等の楽曲にヴォーカルとして参加している。

<Japan Official Site> http://bignothing.net/weyesblood.html

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved