CONTENT

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.1】× 安孫子真哉(KiliKiliVilla) 「家族との生活」と「音楽の場所に戻る覚悟」(後編)

Share
Tweet
Share
Email
タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.1】× 安孫子真哉(KiliKiliVilla) 「家族との生活」と「音楽の場所に戻る覚悟」(後編)

安孫子真哉(KiliKiliVilla)

前編では安孫子さんのこの3年での生活の変化と、その変化とともにまた音楽の場所に戻った決意の話を聞いた。
後編ではシーンに戻ってからの話、そしてこれからのKiliKiliVillaの未来の話を聞いてみた。

Interview & Text:タイラダイスケ(FREE THROW)


仲間や友達がみんないい顔出来ないことには幸せな事だとは思えない

タイラ:ここまで話を聞いてきて、安孫子さんがとても楽しそうなんですよね。歳は違うにせよ、一緒にレーベルをやる仲間や友達がいるっていうのはやっぱりデカいですか?

安孫子:ずっと思ってるんですけど、例えばどれだけ人気が出て世間的な成果が出たとしても、結局周りで仲間や友達がみんないい顔出来ないことには幸せな事だとは思えないんですよね。これって誰しもみんな気付いてることじゃないですか?

タイラ:気付いていてもできないっていう。でもやっぱりそういう繋がりが一番強いというか。

安孫子:本当にそう思います。GEZANが今度リリースする『Absolutely Imagination』という曲の一節に「どうしても忘れたい記憶よりも どうしても忘れたくない記憶の方が多いから 今日もオレらの勝ちなんだ」という歌詞があるんですが、心の奥底から勇気付けられてもう泣きましたね。

<GEZAN-Absolutely Imagination>

タイラ:それこそ過去のインタビューで、一緒にレーベルをやっている与田さん(※1)が言っていた「バンドに対して後ろめたいことをしないレーベルでいたい」というのにも通じることですよね。それは結局「音楽さえあればいい」って話しではなくて、人間関係も含めた繋がりがある。

※1:与田太郎。安孫子氏と共にKiliKiliVillaを主催。パンクだけではなく、ダンス・カルチャーにもDJ、Partyのオーガナイズ、レーベル運営という形で深く関わっている。

安孫子:KiliKiliVillaでリリースさせてもらってるバンドも、音楽の素晴らしさはもちろんなんですけど、結構(リリースするかどうかの)基準は「自分が友達になれるか」とかなんですね(笑)。もちろんそれだけではないのですがざっくり言うと。音だけ聴いてかっこいいなって思うバンドは沢山いますけど、僕的には「友達になれるかなれないか」は大きいです。音楽ってやっぱり、「この人がこういう事をやってるから面白いんだ」っていう側面があるじゃないですか。自分にジャストフィットして恋におちるような。そういう仲間を増やし続けたいっていう。

タイラ:「仲間になれる、友達になれる人をリリースしていこう」っていうコンセプトっていうのは、レーベルの一番最初からあったんですか?

安孫子:そうですね、でもデカいコンセプトっていうよりは…

タイラ
:「結果それじゃなきゃ意味ないよね」って自然とそうなっていったっていうのが正しいですかね?

安孫子:そうですね、自然と本能のままにですね。例えばですけど、「こいつは今はポップに振舞ってるけど、マジで普段はめちゃ暗いんだろうなー」とか、でもそいつが「音楽やパンクでこう変わったんだなー」とか勝手に想像してしまうような人間が僕はどうしても好きなんですよね。

そう言えばちょっと前のwebの記事で、パンクに関するエッセイがあって、ものすごい共感したんです。曖昧な引用で申し訳ないんですけど、服飾産業が始めた「そっちの意味でのパンク」っていうのはもう終わってて、でもBuzzcocks(バズコックス)とかああいう普通のやつが悶々としたベッドルームからなんかのワンクッションで外に飛び出す、そういう意味のパンクロックっていうものはずっと続いてる、って書いていて。僕にはまさにそういう事がドンピシャで。だから僕、パンク以外も普段聴くんですけど、でもわざと「パンク最強」って言いたいんですよ。そんな感じに自分が妄想して掻き立てられたり、気になっちゃったりするバンドや人がすごい好きなんです。

タイラ:それが滲み出ているバンドというか。

安孫子:自分がキャッチしちゃうんだと思うんですけどね。そういうやつがどうしても好きなんですよね。

タイラ:そういう人って実際話してみても、やっぱりフィーリングが合うことが多いんですかね?

安孫子:「ほっとけない、気になる、好きかも!」そんな感じですかね(笑)。年齢も離れた若い友人達と会っても「最近どう?ガンガンシコってる?」みたいな感じのテンションですよ(笑)。ほんとに自分でもどうかと思うんですけど(笑)。いつまでもこんな感じというか、そういうテンションでいられるのが自分の特技なんじゃないのかなってちょっと思っていて(笑)。クソしょーもないです(笑)。だから変に大人ぶるんじゃなくて、ずっとリラックスしてやりたい。この感じで今友達100人いるとしたら1000人作りたいです。

タイラ:なるほど、そういう意味ではめちゃくちゃポジティブですね。

安孫子:いろんな葛藤を抱えてるのも分かってるんです。せっかくみんなやりたくてバンドやってるんだから、金銭的なことも含めて、なんとか生活とかの負担が軽くなるようにとか。でもやっぱりかっこよくずっとやり続けないと。どっかで簡単に尻尾ふっちゃった人間って、そのあざとさがバレちゃったら取り返すのが困難になっちゃうじゃないですか。そんなんじゃなくて「あの感じってなんないいよね」っていうのをやっていかないと、ずっと自分達が楽しめないと思うんで。
でももう少し状況を打破しないと…。本人たちも楽しいだけでやってるつもりもないし、みんな消耗したり現状に飽きちゃったりすると思うんで、(レーベルが)3年目になってきたときに、「もうちょっと何とか出来ないかな」って考えてます。

タイラ:逆に言うと、「かっこいいことだけ、自分たちの納得する事だけをやる」っていう当初の第一目標は達成出来てるってことですよね?そこはもうクリア出来ていて、次のステップみたいなものがちょっと見えてきて。

安孫子:そうなんですよね。今回のタイラさんの様に、意志を持って僕の好きなバンドと接して下さる方と出会っていきたいです。いわゆる業界の慣例みたいなメールが来たりすると、本当に嫌な気持にしかならなくて。そういう(業界の)ノリとは関係無いところでやっている人達の事をもう少し考えてくれよと思います。全然知らないところから、「先日何かのタイミングで〇〇っていうバンドの曲を聴いたらすごい良かったので、こちらにCD送ってください」みたいなのって普通に失礼なんじゃないかと思うんですよね。

タイラ:送ってくださいとか書くんですか!?

安孫子:そういう出会いもある事は理解してますし、別に形式はそれでも全然いいんですけど、でも文面のテンションからここから何かがはじまるやりとりには思えないんで。別にみんなが理解し合えるわけではないかもしれないんですけど…。

タイラ:そこにさっき言った「この人は仲間になれるかな、なれないかな」っていう匂いみたいなものがないっていうことですよね。

安孫子:そういうことです。バンドに限らず、そういう(仲間になれる)人たちと繋がっていきたいですね。そう人たちって色んなとこに点在してるはずなんで、その点を繋いで、それで良い形を作るしかないなと思ってて。無理なくやりながらも、でも分母は絶対増やす努力をしたいですね。

タイラ:本当にそうですね。

KiliKiliVillaは「パンクレーベル」

安孫子:Twitterでたまに堅いことやしょーもない事を呟いたり、インスタに子供の写真を載せたりするのにも理由があって、レーベルのアカウントなので本来は純然たるバンドの情報のことだけの発信で良いかもしれないんですけど、でもそれだと無機質過ぎるなとも感じていて「こんな感じの人間がやってる音楽レーベルだ」っていう多少の体温を発信していた方が僕の場合は活動スタンスも理解してもらい易いのかなと思って。

タイラ:それはさっき安孫子さんが言った「どこか陰がある人が作る音楽に惹かれる」っていうものにも通じますよね。どっちかっていうと安孫子さんは音楽を通して、その作り手そのもののキャラクターをキャッチするわけですよね。そこから逆に音楽にももっと興味が湧くみたいな。それと同じでレーベルもキャラクターが生まれるっていうか。
例えば、DJでも同じ曲を違う人がかけるとするじゃないですか。厳密にいえば細かいイコライジングとかあるかもしれないですけど、基本的には同じ曲じゃないですか。でも「やっぱりこの人がこんな感じでかけると違う」っていうことがきっとあるはずだって思ってるんで頑張れるっていうか。

安孫子:そうだと思います。ほんと一緒です。絶対ありますよ。だって例えば、自分の好きなやつとすっげー嫌いなやつがいたとして、「この曲いいよ」って嫌いなやつにレコードをかけられたときには、本当に良い音楽でも何だか響かなかったりしますもん(笑)。そうですね、僕がやってるのはDJっすわ(笑)。だから僕も信頼を得れるよう頑張らなくてはと思います。どういったレーベルが媒介になっているかも色々と音楽を楽しむ一つの側面になりますしね。

タイラ:自分も「このDJがおすすめする曲だから」ってお客さんに信用してもらえたら勝ちだと思ってます。レーベルも同じだと思うんですけど、「このレーベルがリリースするもの、このレーベルが良いとしてる音楽はきっといいはずだ」「その瞬間自分がもしも理解できなかったとしても、きっといいはずなんだ」って思わせなきゃいけないというか。

安孫子:そう。だからKiliKiliVillaは「パンクレーベルです」と言ってても実際サウンド的には一般的に言うパンクロックではないJAPPERS、Have a nice day!、LEARNERS、ECCYとかも出してるじゃないですか。レーベルの与田さんとかもいつも口酸っぱいくらい言ってますけど、パンクがきっかけで音楽にハマって、でもやっぱり色々 音楽を聴いていくと、「こことここが繋がって、この人はこう影響されて」とか、そこからものすごい色んな扉がぼんぼんあいて音楽が豊かになってきて、色々なものの辻褄が合っちゃう。
少なくとも自分達にとってその辻褄が合ってるから、一見パンクに見えなくてもそういうバンドのチョイスをしてるんだっていうのがあるんです。そういうのもひっくるめて楽しんでもらえるようになると嬉しいし本当に面白いんですよね。

<JAPPERS / Praise The Moon>

<Have a Nice Day!「Fallin Down」>

<LEARNERS – I WANT YOU TO BE MY BABY>

<Eccy – Lonely Planet feat.あるぱちかぶと>

タイラ:ほんとDJも同じですね。「タイラさんは何のDJなんですか?」って言われたら、俺は「ロックのDJです」って答えるんですけど、一晩でかけるものはヒップホップもあればダンスミュージックもあれば、邦楽だって洋楽だって何でもかけるんですけど、そこには自分の中の筋があって、一般的ではない自分独自の縦軸と横軸が噛み合ってやっているっていうところはあって、それって言葉じゃうまく説明できないんですけどフィーリングみたいなもので。

安孫子:例えば友達の家で「次このレコード聴こう」ってあるハードコアバンドを聴いてた時に「このレコードのジャケット、はっぴいえんどの風街ろまんのオマージュをこのイラストレーターでやってるのヤバイよね」とか、そういう事を共有してるやつとはものすごい辻褄が合ったりとかしますよね。更に掘り進めていくと「あ~あれもあった~!」みたいな。音楽ってよほど面白いんだなっていうのがすごいあるんです。
一度は「今まで音楽をさせてくれてありがとうございます、もう俺家族のために生きていきます、もう音楽は十分です、さようなら」って気持ちになったのに、半年一年で手のひら返したように「やっぱり音楽最高!」って(笑)。あのタイミングでCAR10とか、NOT WONK、SEVENTEEN AGAiNなんかに出会って、「あれ?なにこれ??あれとあれが繋がって??あ~~~!そして全く新しいものに生まれ変わってる!」みたいな。色んなところが混じり合ってる、でもこれは全然知らないみたいな。またサウンドだけでなくもっている価値観もとても新鮮に感じました。その掻き立てられる感じがやっぱり面白いんですよね。

タイラ:SEVENTEEN AGAiNってヤブさんがライブで来てるTシャツとかにルーツのヒントがあるじゃないですか(笑)。

安孫子:ドマニアックですけどね(笑)。

タイラ:どこで買えるんだっていう(笑)。NOT WONKのアレンジ一つ取っても「ただパンクが好き」とか「ただインディーが好き」っていうだけじゃないんですよね。

安孫子:そうですよね。僕が本当にラッキーなのは、僕のワクワクがはじまった時に一斉に多くのバンドに出会えた事です。みんなのネットワークの力を借りながら、早いペースで色々なところと繋がれた事は非常に幸運でした。あの時期僕が群馬に引っ越してから遊びに行ったSEVENTEEN AGAiNの企画にCAR10が出ていて、「群馬なんですか!?俺も群馬なんで一緒に帰りましょうよ!」って言ってもらったときとか…ほんとに自分が掻き立てられたって以前に、ものすごい偶然のタイミングがあった気はしますね。

タイラ:それは必然なのか偶然なのかわからないですけど、結構ラッキーというか、すごい出会いですよね。

安孫子:かなりラッキーだと思いますよね。だから大事にしたいなとも思うし、いいおっさんがこの3年相変わらずドキドキさせてもらってて。でも、これをずっと続ける為には生活と音楽がある中で、もっと先の「何か」を探さないとダメなんだべなと。

KiliKiliVillaの「今まで」と「これから」

タイラ:俺も今回のインタビューは今までの話しというよりは、最終的には先の話しで終わりたいっていう気持ちがあります。でもそういう風に思えるのはやっぱり3年間やったからこそですよね。

安孫子:本当そうですよね。もう少し足掻けば何か掴めそうな感じもするんですよね。

タイラ:例えばよく言われてるように、ストリーミングがどうだとかCDが売れないとか、そういうことだけじゃなくて、もっと抜本的な何かがあるような気がするんですよね。そういうものとももちろん上手く付き合っては行くんですけど、もっと本質的なところに何か次の答えがありそうだなーっていう気はするんですよね。

安孫子:そうなんですよね。辿り着きたいんですよね。「あの場所って最高だね」みたいなのがもう少し風通しよく自然と出来る空気っていうか。うーん…。

タイラ: FREE THROW(※2)もそういうのを作りたいって気持ちでやってた部分はあるんです。

※2 タイラが神啓文、弦先誠人、cabbage boyと共に主催するDJパーティー。

安孫子:あの空間を体験してみたいな、とか、気になるなとか。

タイラ:でもそのムードはKiliKiliVillaには確実にあるような気がしますけどね。

安孫子:そう信じてます。KiliKiliVilla を3年やってきたんですけど、当初は2年くらいでFEVERとかソールド出来るんじゃないかなと思ってたんですよ。でもそれが全くそういうことにはならなかった。それで、この3年で「なるほど、今は昔より過酷な状況なんだな」ってことが改めてわかって(笑)。でも(信念を)曲げる気も、曲がるはずもがないなともやっぱ思いますし。だから本当にわかりやすい新たな価値観とか、周りのみんなが嗅覚として感じられるものがもうちょっとだけ形になったときに、みんなの理想の先があるんだろうな、未来があるんだろうなって感じは本当にするんですよね。

タイラ:それがないと、さっき言ったようにそれこそ続けられなくなっちゃう。

安孫子:飽きちゃうと思うんですよね。

タイラ:同じ刺激はずっと食い続けられないですからね。

安孫子:みんな本能と好奇心で、自然に変化はしてるんですけどね。

タイラ: DJのパーティーとかをやってるとよく思うのが、DJだけバチッとやってたらいいわけじゃなくて。お客さんに求めるものもすごいデカいんですよね。お客さんからお金もらってやってるから、良いDJがいて、フロアの環境も整えて、お客さんを楽しませて、っていうのが自分たちの仕事なんですけど、DJが最高にクールでもダメなパーティーっていうのはあって。それは色んな要因があるんですけど、その要因のひとつがお客さんという場合もあるんですよね。お客さんは「お金払ってるから楽しませろよ」っていうスタンスで来ても全然俺は構わないんですけど、お客さんが受動的じゃなくて能動的になった瞬間に何かがひっくり返るっていうことは往々にしてあると思うんです。

やっぱかっこいい踊り方をしてる人とか、かっこいい飲み方をしてる人とか、立ち振る舞いがかっこいい人とかがいることによって劇的にその一晩が変わるみたいな。だから「金を払ってまでそんなこと気にしたくない」って思う人もいると思うんですけど、そこを同じテンションでお客さんとDJが一緒に出来たら最高だよなぁっていうのはずっとありますね。お気に入りの服で行こうとか、そういうちょっとしたことだけでも結構劇的に変わるっていうか。

安孫子:「あそこに集まってる人達かっこよくね?」っていうことですよね。

タイラ:そうですね。ちょっと青臭い意見かもしれないですけど「自分も一緒に一晩を作るんだ」ってお客さんも一緒に思えたら最高なんですよね。だから取り巻く人たち、それはお客さんだけじゃなくて裏方の人たちとかも含めてですけど、そのムードみたいなものが共有できる人が増えていって、「この人たちとは一緒に出来る」っていうフィーリングの人が色んなジャンルで増えていったらいいですよね。

安孫子:本当僕もそう思います。みんな自分達を常に更新しようと努力してるので、イベントをオーガナイズするときも「ここにすごいマンパワーかけてんな」とか、「こいつらこの場所を作るのにすごい気合い入ってんな」とか、そういうことがお客さんにも伝わるとより素晴らしい空間になりますよね。

タイラ:それこそを苫小牧で企画をやるNOT WONKの加藤君のやり方(※3)みたいなことも含めてですよね。

※3:2017年4月に行われたNOT WONKの苫小牧での自主企画PURE PARKは高校生はおすすめの曲を入れたCDを持って来てくれたら1000円で入場できるなど、普段はなかなかライブハウスに遊びに来ない地元の人たちを巻き込んで行われた。

安孫子:そうですね。努力を続けるのはもちろんだし、「自分の理想を求めて本当に探してる」っていうのがものすごい伝わったじゃないですか。僕は本当に足掻くのはいいと思うし、加藤君のあの足掻き方はものすごいカッコ良かったと思うんです。どんどん面白い事したいですね。フリーイベントとかやりたいんですよね。やりたいことは沢山あります。


あとがき

2017年5月19日、KilliKilliVillaと下北沢THREEを中心に開催されている「入場完全無料イベント」BLOCK PARTYのカップリングパーティーに遊びに行ってきた。
NOT WONK、JAPPERS、SUUEAT.、すばらしかという出演の4組の音楽性は見事にバラバラで、それはDJがセレクトする曲にも、遊びに来ているお客さんの雰囲気にも同じことが言える。しかし、多様性を持った満員のフロアは、サウンドを超越した「パンク」の通念で繋がりながら、最高の雰囲気で朝まで盛り上がりを続けた。
「ここには何かがあるかもしれない」という空気感が満ち溢れたライブハウス。
ここからまたKilliKilliVillaの新しいチャレンジが始まる確信を感じた夜だった。


▶タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.1】× 安孫子真哉(KiliKiliVilla)「家族との生活」と「音楽の場所に戻る覚悟」(前編)

EVENT INFO

KiliKiliVilla presents『不安と遊撃 vol.6』

9月16日(土)大阪編 @十三FANDANGO
17:30 open 18:00 start
前売 2,500円 当日 3,000円 ドリンク別
出演:CAR10、NOT WONK、JAPPERS、すばらしか、odd eyes、チッツ http://www.fandango-go.com
※8月4日よりチケット発売予定

9月17日(日)東京編 @新代田FEVER
17:30 open 18:00 start
前売 2,500円 当日 3,000円 ドリンク別
出演:CAR10、NOT WONK、JAPPERS、すばらしか、Tomato Ketchup Boys
http://www.fever-popo.com

8月4日よりチケット発売
e+ URL 購入ページURL (パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002233395P0030001
ローソン L:70795
ぴあ P:340-795

 

RELEASE INFO

NOT WONK『Of Reality』

2017.07.03 (Mon) on sale
LABEL:KiliKiliVilla
FORMAT:Digital

TRACK LIST:

  1. Of Reality

※Apple Music、iTunes、Spotify、OTOTOY等の音楽配信サイトにて配信中

 

RELEASE INFO

LEARNERS『IN THE CUTUP STUDIO AND MORE』

2017.07.26 (Wed) on sale
PRICE : ¥3,240 (tax in)
PRODUCT NUMBER:KKV-057D
FORMAT:DVD
LABEL:KiliKiliVilla

TRACK LIST(ライブ収録予定曲):

  1. CUPS (いろんな場所)
  2. FOOLS FALLIN’ LOVE (TOWER)
  3. LEARNERS YEAH (TOWER)
  4. I WANT TO BE MY BABY (FEVER)
  5. TEENAGE KICKS (FEVER)
  6. GO AWAY DON’T BOTHER ME (TOWER)
  7. LET ME IN (TOWER)
  8. HEATWAVE (LOFT)
  9. YOU WONDERING NOW (LOFT)
  10. WATER THE FLOWERS (FEVER)
  11. LOVE YOUR MONEY (FEVER)
  12. I WANT CANDY (FEVER)
  13. GOTTA LOT OF RHYTHM (LOFT)
  14. SHAMPOO PLANET (FEVER)
  15. WHY DO FOOLS FALLIN LOVE (FEVER)

 

RELEASE INFO

GEZAN『Absolutely Imagination』

2017/07/12 (WED) on sale
PRICE : ¥1,400 +tax
PRODUCT NUMBER : KKV-051VL
LABEL:KiliKiliVilla
FORMAT:7inch+Download Code

TRACK LIST:

  1. Side A. Absolutely Imagination
  2. Side B. Ambient Red

 

 

RELEASE INFO

SEVENTEEN AGAiN『スズキ』

2017/07/12 (WED) on sale
PRICE : ¥1,700 +tax
PRODUCT NUMBER : KKV-052

LABEL:KiliKiliVilla

TRACK LIST:

  1. Come & Through
  2. Dancing In The Trush
  3. Fuck Forever Too
  4. Scrap & Craps
  5. わずかな光
  6. 絶対君じゃ嫌なんだ
  7. パーティーは終わったんだ
  8. Shitty Lights

 

PROFILE

KiliKiliVilla

安孫子真哉 / あびこ しんや(KiliKiliVilla)

山形出身、1999年GOING STEADYのベーシストとしてデビュー。GOING STEADY在籍時よりSTIFFEEN RECORDSでレーベル活動を行う。2013年銀杏BOYZ脱退、2014年10月に自主レーベルKiliKiliVillaを立ち上げる。群馬在住のサラリーマンとしてパンクを基軸にインディー、ギター・ポップなど様々な現場に出没中。

WEB:http://kilikilivilla.com/
Twitter:https://twitter.com/KiliKiliVilla
Facebook:https://www.facebook.com/kilikilivilla
Instagram:https://www.instagram.com/kilikilivilla/

PROFILE

タイラダイスケ(FREE THROW)

タイラダイスケ(FREE THROW)

DJ。
新進気鋭のバンドと創り上げるROCK DJ Partyの先駆け的な存在であるFREE THROWを主催。DJ個人としても日本全国の小箱、大箱、野外フェスなど場所や環境を問わず、年間150本以上のペースで日本全国を飛び回る、日本で最も忙しいロックDJの一人。

<レギュラーパーティー>
毎月第二土曜日@新宿MARZ「FREE THROW」
毎月第四金曜日@渋谷OrganBar「Parade」
毎月第一&第三水曜日@赤羽Enab「Crab」

WEB:http://freethrowweb.com/
Twitter:https://twitter.com/taira_daisuke?lang=ja
Instagram:https://twitter.com/taira_daisuke?lang=ja

RELATED

FEATURED

TREND

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved