タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.4】×アフロ(MOROHA)[後編]「自分が幸せになるための方法」として「音楽」を選ぶ

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on email
Share on facebook
Share
Share on twitter
Tweet
Share on google
Share
Share on email
Email
左からアフロ(MOROHA)、タイラダイスケ(FREE THROW)

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。
前編ではMOROHAの活動を続けていく中で、MOROHAの活動だけで生活を成立させる収入を得ていくに至った過程と覚悟を聞いた。
後編ではさらに踏み込んだ話を聞いていく中で、彼独自の「生活」と「音楽」に関する思想が見えてきた。

Interview & Text:タイラダイスケ(FREE THROW)Photo:おみそ

<MOROHA / 上京タワー>

「音楽で食えてないって言っている人は、人生が音楽だと思ってない人だと思いますよ。」

タイラダイスケ(以下タイラ):すごく意地悪な質問なんだけど、一般論では「音楽で食っていく」「音楽で生活をしていく」っていうのは昔に比べて難しくなったと言われているよね?俺も確かに音源が売れたくなったとか、そういう一つの状況だけを鑑みれば、一理あるなと思うんだけど、でもアフロ君は音楽で…もうちょっと言うと音楽をやって、自分の音楽っていうものを使って、収入を得ていくぞっていう決意を昔からしてて、今はそれを成し遂げているよね。その現状に対して不安みたいなものはあったりするの?

アフロ:ありますよ。それは…「収入を得てしまったから自分が安心しちゃうんじゃないか?」っていう不安だったり。

タイラ:そっちの不安なんだ?

アフロ:もちろん(収入が)ゼロになるっていう不安もあるし…。あともう一個言えば、「自分の実力以上に貰っちまってるな」って思う瞬間も無きにしも非ずだったりもするんですよ。そん時はやっぱ焦って努力するし。

タイラ:こんなに貰って良いのかな?っていう。

アフロ:うん。「これくらい貰うべきだ」って思う時もあるけど。まだ、どっちもある。すごく「お前はどうなんだ?」ってお金に問われるときがある。それはライブハウスのキャッシャーの脇を偶然通った時に、MOROHA目当てのお客さんが財布から出したお札に写ってる諭吉と目が合う瞬間もそうだし、口座に振り込まれたお金を引き出すときもそうだけど…すごく問われる瞬間だなと。そのたびに不安にもなるし、達成感にもなるし。もちろんそれは状況によるんですけど。

タイラ:なるほどなるほど。じゃあそれは結構イタチごっこというか。

アフロ:うん。でも全部有難いなと思うっすけどね。不安もね。

タイラ:それこそさっきの話しじゃないけど、それも「人生がリリック」だからね。

アフロ:だから捨てるとこないんですよ。

タイラ:でも、それはMOROHAならではっていう感じもするね。

アフロ:それはあると思いますよ。これは俺の話であって、他の人に当てはまるとは全然思わないっす。だからそれはすっげー幸せだと思う。

タイラ:確かに。捨てるところがないっていうのは、逆に言えば「何でも来い」っていうことだからね。

アフロ:だって変な話、俺が金に溺れて調子こいちゃって、「俺は何でこんなことしちゃったんだ!」だって歌詞としては良いんだから。だって誰しもあるでしょ?ちょっと調子こいて痛い目に合った、とか。その意味で「(自分を)神格化しない」ってことなんですよ。神格化したらもうそれは許されないわけじゃないですか。ミュージシャンがきついのはやっぱ捨てるところがあり過ぎるんですよね。ゆえに、やっぱちょっと食えないっていうのはあるのかもわかんない。

アフロ(MOROHA)
アフロ(MOROHA)

タイラ:ゆえにっていうのはどういうこと?

アフロ:うーん、「ミュージシャンたるもの」っていう…。

タイラ:「こうあるべき」っていうのが足枷になってるってこと?

アフロ:うん。やっぱ「カッコつけるのが商売だ」って思っているでしょ。俺が思うにそうじゃないんですよね。でももっと言い方変えれば、ナベさん(ATATA奈部川さん)が今仕事して、でもその経験っていうのが、今歌詞になっているとすれば、それはもう音楽で食っているんですよ。そこを生きがいに感じて熱く生きているんだったら。

タイラ:奈部川さんは、介護の仕事している人じゃないとわからないような単語とかを歌詞に使ってるって言ってたね。

※参考記事:タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.3】×奈部川光義(ATATA)[前編] パンクから形成された「音楽観」と「仕事観」

アフロ:ですよね。それはもう音楽で生きてるって言っても過言じゃないと思いますよ。

タイラ:結局それによって音楽が出来てるってことだもんね。

アフロ:だから音楽で生きていけてないって言っている人は、人生が音楽だと思ってない人だと思いますよ。

タイラ:「結局人生全部音楽なんだ」「仕事をしてる時間も全部音楽なんだ」っていうことだよね。

アフロ:表面的な話しをすればね、俺は音楽だけやって全然食えてるように見えるかもしれないけど、俺は音楽以外の…俗に言う音楽家がやっていること以外のこともめちゃめちゃやってるし。サラリーマンの時よりも「この気持ち惨めだな」って思うような、営業だったりっていうのも全然やってる。でも別に「それも俺の音楽だから全然平気」って思えるっていうのは強いっすね。

タイラ:なるほど。それはめちゃくちゃ良い話だね。説得力があるね。

アフロ:良い話しちゃった(笑)。

<MOROHA「バラ色の日々」>

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

ワールドコア株式会社

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8

原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved