CONTENT

『歓喜に包まれた圧巻の終演』世界を席巻するThe xx、日本で行われた単独公演のライブレポート

タグ: , ,
Share
Tweet
Share
Email
『歓喜に包まれた圧巻の終演』世界を席巻するThe xx、日本で行われた単独公演のライブレポート

The xx

17年フジ・ロック、ベスト・アクトの声に促されるように実現した単独公演。しかも昨年2月から文字通り世界中を巡ってきた“I See You Tour”の締めくくりとなればパフォーマンスも完璧練れた状態(セットリストの流れも初期とは随分違う)という、これ以上は考えられないほど期待値が高まりきった幕張メッセの熱が、オープニング・アクトのD.A.N.によってさらにクールに押し上げられたところに三人は帰ってきた。

ステージ左にロミー、右にオリヴァー、中央一段高くにトラックメイカー、ジェイミー・スミス、彼らを包み込むように左右後方に円柱状になったライトがステージを浮かび上がらせる中、昨年の傑作サードアルバム『I See You』でもとびっきりアッパーでオープナーとして最高にパワーがある「Dangerous」でスタート。さらに人気の「Islands」「Crystalised」「Say Something Loving」が立て続けに披露され会場中の満足度は早くも沸点に達する。無駄な音も演出も何もなく、メンバーの信頼感に裏打ちされたグルーヴ、豊穣な音のうねりが広がっていくのが気持ち良く、ステージから客席に向けられるライトはまるでグループとオーディエンスを結びつける糸のようで美しい。

デビュー約9年、『XX』『Coexist』『I See You』と3枚のアルバムで見せてきたスケールアップがライヴ・パフォーマンスでもみごとに実現している今回のツアーだが、聴きどころはなんといっても『I See You』のナンバーたち。「Dangerous」を始め「Say Something Loving」、アンコールの「On Hold」もとても良いが、ライヴ中間部、7~9、11曲目で「A Violent Noise」「I Dare You」「Performance」「Replica」と立て続けにプレイされる部分がアルバムのエッセンスを伝え圧巻。前後のこれまで耳に馴染んできたナンバーとの混ざり具合が大きなスケールを生み、いまやりたい世界への文句のない説得力となっているのだ。

またこの日、オリヴァー共々、再三、“日本愛”をMCしていたロミーがあの美しい弾き語り曲「Performance」の途中で感極まるシーンがあったりと、彼らにとっても特別な夜となった。

ライヴ後半のキラー・ナンバー「Fiction」「Shelter」での華やか、かつダンサブルな空間は昂揚感が満ちあふれていたし、ジェイミーのソロ作『In Colour』からの「Loud Places」で一端ロミーとオリヴァーがステージを去り、ジェイミーが観客をさらに盛り上げるトラックでつなぐ展開で会場全体の祝祭感は頂点に達する。

胸を熱くした観客すべてに向けられた「On Hold」「Intro」、そしてロミーの祈るような歌声、ギターとベースのデュオ、ジェイミーのマレットの連打に包まれたラスト・ナンバー「Angels」への流れはますます高い完成度を誇っていた。まさに1年にわたり世界中を巡ったツアーにふさわしい、その場にいた人すべてで祝う歓喜のフィナーレだった。

text by 大鷹俊一

The xx 2/11 2018 @幕張メッセイベントホール Setlist

Dangerous
Islands
Crystalised
Say Something Loving
Heart Skipped A Beat
Reunion
A Violent Noise
I Dare You
Performance
Infinity
Replica
VCR
Fiction
Shelter
Loud Places

—Encore

On Hold
Intro
Angels

【The xx幕張公演のSetlist Playlist公開中!】

RELATED

TREND

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved