CONTENT

タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.2】×武田信幸(LITE)
バンドマンとして、バンドを続ける「不安」と「喜び」に向き合う(前編)

Share
Tweet
Share
Email
タイラダイスケ(FREE THROW)【生活と音楽 Vol.2】×武田信幸(LITE)<br>バンドマンとして、バンドを続ける「不安」と「喜び」に向き合う(前編)

左:タイラダイスケ(FREE THROW)右:武田信幸(LITE)

情熱とアイディアを持って「生活」と「音楽」を両立させている人にフォーカスを当てて話を聞いていく対談連載「生活と音楽」。

第二回目となる今回は世界を舞台に活動するインストロックバンドLITEのギタリスト武田信幸くんに話しを聞いた。

実は彼は「バンドマン」という肩書き以外に、「行政書士」という肩書きも持っている。
彼がバンドを続けていく中で、何故行政書士を目指し、起業しようと思ったのだろうか。
そして行政書士になった今、彼の中でのバンドの存在はどう変化をしたのだろうか。

話を聞いていく中で、その行動原理となっている武田くんの「信念」が見えてきた。
彼のアイディアとチャレンジはきっとたくさんの人にとっての指標になるのではと思う。

Interview & Text:タイラダイスケ(FREE THROW)


<LITE / D (feat.TABU ZOMBIE)>


LITE結成秘話

タイラダイスケ(以下タイラ):今日はよろしくお願いします。まず、武田くんのやっているバンド『LITE』の話を聞いていきたいなと思うんですけど、LITEって調べてみたらもう14年やっているんだね。長い(笑)。

武田信幸(以下武田):長いね(笑)。

タイラ:今武田君って何歳だっけ?

武田:今年35歳だね。

タイラ:じゃあ21歳とか20歳の時からやっているバンドって事だね。LITEは大学の友達で組んだんだっけ?

武田:いや、元々構造(※1)とジョージ(※2)は同じ千葉県出身で、構造にいたってはもう同じ団地の出身だから。

※1 楠本構造。LITEのギター&シンセサイザー担当。
※2 山本晃紀。LITEのドラム担当。ジョージは近しい人が彼を呼ぶあだ名である。

タイラ:幼馴染なんだ?

武田:幼馴染だね。中学の時は一緒にはやってなかったけど、高校卒業の時くらいに一緒にやろうって話しがあって。それで二十歳くらいになったときに、「上京して東京でどんどんバンド活動していこう」って。その当時はもう「プロになろう、音楽だけで食っていこう」ってことしか考えてなかった。

タイラ:上京して活動しようっていうのは、やっぱり音楽への大きい夢があって?

武田:そうそう。そうだね。遡れば……中学ぐらいの時からギターをはじめるわけじゃん。それで「これだな俺の人生は」って思って。だから音楽のために高校を選ぶというか、なんなら高校行かなくてもいいかな、くらいに思っていて。

タイラ:そんなにバンドというか音楽一筋な人生だったのね。

武田信幸(LITE)


武田
:勉強しないで音楽だけをやっていく道はないのかなって中学くらいの時に思って。でも冷静になると当然高校に行った方がいいなって思う気持ちもあって、たぶん俺そういう意味では早熟だったと思うんだけど、高校も将来の役に立つと思って行ったし、高1から英語の塾に通ってたの。

タイラ:へ~!

武田:別に勉強が出来たとかじゃないんだけど、中学の時は全然英語が出来なくて、これはまずいなって思っていたし、このあとの人生でも英語って絶対役に立つって思ってたから。高1で別途塾に通い始めたの。別に進学校とかじゃなかったから塾に通ってるやつとかいなかったんだけど、俺はあえて行って。

タイラ:例えば今LITEって海外のツアーとか行っているけど、「たぶん俺は将来、海外をツアーで周るだろうな」っていう意味で英語を勉強しようと思ったの?それとももうちょっと「漠然と何かしら役に立つだろうな」っていう意味で勉強したの?

武田:そうそう、漠然とだね。で、まあ大学もそのまま続けて英語を勉強して、最終的に英語の教師の免許取るんだけど、なんとなくそういう「保険」みたいなところは必要なんじゃないかなって高校時代からぼんやりと思ってたのね。

タイラ:じゃあプロミュージシャンとして食っていくぞっていう思いもずっとありつつ、でも、なにかがあった時には…。

武田:うん、なんか必要だろうなっていうのはぼんやり感じてはいたね。でも、音楽だけで食っていけたらやっぱり一番いいだろうなって思ってもいた。高校も音楽どっぷりだし、部活も入らないでバンドやって。高校時代から考えるとずっとバンドやってるんだよね。LITEのバンド歴は14年だけど、バンド歴で言うともう中学生くらいからだからもう20年とか?それぐらいどっぷりなバンド人生ですね。

RELATED

TREND

×

株式会社イノベーションクリエイティブ

〒150‐0001 東京都渋谷区神宮前 2-33-8原宿ビューパレー #1001

TEL:03-6721-1853 / FAX:03-6721-1854

WEB:http://www.innovation-tokyo.com/

©2017 INNOVATION CREATIVE INC, All Rights Reserved